« 『永遠の戦士エルリック(3) 暁の女王マイシェラ』読了 | トップページ | 最近のジャンプはすげえなあ »

2006.08.08

『ソラにウサギがのぼるころ(2)ash and diamond』読了

484011575301
ソラにウサギがのぼるころ(2)ash and diamond』(平坂読/Mf文庫J)読了。

うへー、あいも変わらずジャンクな作品だぜ。ラブコメ的学園伝奇にツンデレ、人外ロリ、メイドなどを適当にまぶした感じのいいかげんな物語がたまらんなあ。なんと言うか、オタク記号としては、これでもかこれでもかえいえい!と言うぐらいに盛りだくさんであり、やたらの裸率も高く、ぱんつぱんつぅな展開(…)も多く、非常にライトノベルラブコメの典型と言えるような外面なのだが、なぜか一般的な”あざとさ”とは正反対の印象を受けてしまう。一言で言えば、ここまで記号を出しまくっておきながら、「何一つ萌えがない」と言うところがさすがだなあ。結局、この作品(と言うか作者)は記号とシチュエーションが過剰に繰り返されることによって、もはやそれそのものは萌えと言うよりも、曰く言いがたい不条理感の方が先に立つのである。そして、その不条理感に対して読者がどういうスタンスで受け止めるのかによってこの作品の評価が大きく変わってくるように思う。たとえば、①ギャグとして楽しめるか、②萌えが足りないと判断するか、によっても作品に対する判断はずいぶん変わってくるだろう。まあどちらの読み方が正しいと言うものではなく、読書することによって何を受け取ることを望んでいるのか、と言う読者側の要求の差異というべきものにすぎないのだろうけど。

まあ問題は、この作品のアピールの仕方(例えばあらすじとかイラスト)が明らかに”萌え”を欲望している層に向けていると言うことなんだけど…。さすが読者(主にオタク)に対するツンデレ作家、平坂読だぜ!と、個人的には大変感心するとともに、わざわざ茨の道を進んでいるなあと思うと笑いが止まりません(ツンデレ表現)。まあこの調子でロック魂溢れる作品を書いていって欲しいと思いました。まる。

追記。
あくまでも個人的な話ですが。
僕は青臭い上にネガティブ思考でそのくせお調子者のエンターテイナーである主人公(男)に大変萌え萌えであり、この主人公のどうしようもない駄目人間ぷりが愛しくてたまらないタイプです。よって上記の分類においては、③何も考えずに萌え萌えしている、というカテゴリに該当しております。

追記2。
感想を書くのを忘れていました。
相変わらずの平坂読で大変に素晴らしい作品だと思う。ただ萌えを相当におちょくっているので、そういうヒネクレた思考回路を楽しめる人向きかも。そこまでしてオタクにツンツンしなくても…と作者のツンデレぶりを行間から感じ取りながら楽しむのはやや上級者向けなのであまりオススメはしかねるが、そこまで行けばリッパな平坂読マイスターと言えるだろう。

追記3。
なお、上記の文章はすべて僕の妄想であり、現実とは一切関係ありません。たぶん。

|

« 『永遠の戦士エルリック(3) 暁の女王マイシェラ』読了 | トップページ | 最近のジャンプはすげえなあ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/11321737

この記事へのトラックバック一覧です: 『ソラにウサギがのぼるころ(2)ash and diamond』読了:

» ソラにウサギがのぼるころ 2/平坂読 [ラノベ365日]
ソラにウサギがのぼるころ〈2〉ash and diamond平坂 読 メディアファクトリー 2006-07by G-Tools 【吸血鬼少女ユウがやってきてから二週間。強い吸血衝動が抑えきれないことに焦燥を感じていたそんな折、ユウを組織に迎えるため、“コミュニティ”のメンバーが集まりつつあ..... [続きを読む]

受信: 2006.08.14 00:59

« 『永遠の戦士エルリック(3) 暁の女王マイシェラ』読了 | トップページ | 最近のジャンプはすげえなあ »