« 『ゴールドベルグ変奏曲』読了 | トップページ | 『暗殺者ヴラド・タルトシュ 虐げられしテクラ』読了 »

2006.07.27

『串刺しヘルパーさされさん ~呪われチルドレン~』

489425437901
串刺しヘルパーさされさん ~呪われチルドレン~』(木村航/HJ文庫)読了。

あーこれはあれだな。作者はきっと熱血人情浪花節がやりたかったんじゃないかと思うんだが、そのための舞台装置としてあるのが、それぞれの傷痕としての「呪い」と言う時点で明らかに何かの”箍”が外れておる。呪いはより強大な呪いによって打ち負かされると言うあたりも、一体何が言いたいのやらバレバレだぜという感じなのだが、”串刺し”と言う超弩級の「呪い」持ち(そしてそれは、そのまま傷痕の深さでもある)である”さされさん”が、そういった呪いを打ち負かして無理矢理めでたしめでたしを迎えちまおうぜと言う、明らかに物語としてはテンションに任せすぎであり、あらゆる問題は闘争と対立と気合と根性でねじ伏せる(あるいは止揚する)くだりは、明らかにライトノベルとしては間違っている。うだうだ悩んだって答えは出ねーぞ、と言うのは、まあ確かにそうなんだが、それを言っちゃあ見もふたもねえよ。文章も相変わらず癖が強いし、これまた賛否両論がありそうな話だな。キャラクター小説としても、せっかく”呪い”と言うキャラクター付けとしてはいかにも記号的に使おうと思えばいくらでも使える設定をしておきながら、最終的に全部うっちゃって物語を完結、舞台をぶっ壊せ!と言う展開だし。相変わらず物語に喧嘩を売っておるなあ、とは思うものの、生半可な物語など砕いて壊し、人の持つ情念の力で世界を捻じ曲げようと言う壮大なぶっちゃけ具合と言い、まさに僕の好きな物語そのものでありました。

上手くは言えないのだが、木村航という作家には僕の”物語”に対するアンビバレントな感情を救い上げてくれると言う意味で特別な作家なのだ。僕はビルドゥンクス・ロマンはとても好きだけど、ときおり糞だと思うことがあり、またそもそも”物語”と言う存在も、こよなく愛するとともにぶち壊してしまいたいと言う破壊願望がある。まあ、つまりそういう作品ばかり書く作家なんだろうなあ、と勝手に思っているわけです。

以上。

|

« 『ゴールドベルグ変奏曲』読了 | トップページ | 『暗殺者ヴラド・タルトシュ 虐げられしテクラ』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/10841283

この記事へのトラックバック一覧です: 『串刺しヘルパーさされさん ~呪われチルドレン~』:

« 『ゴールドベルグ変奏曲』読了 | トップページ | 『暗殺者ヴラド・タルトシュ 虐げられしテクラ』読了 »