« 『DIVE!!(上)(下)』読了 | トップページ | 『RUN RUN RUN』読了 »

2006.07.17

『額の宝石 ルーンの杖秘録Ⅰ』読了

448865210701
額の宝石 ルーンの杖秘録Ⅰ』(マイクル・ムアコック/ハヤカワ文庫FT)読了。

…おれ、昔読んだ時には何を見ていたんだろう…。

何の話かと言うと、読んだ印象がぜんぜん違うと言うか…なんか読むジャンルを間違えていたらしい。昔はごく普通のヒロイックファンタジーとしてしか読んでいなくて、もっと言うとエターナルチャンピオンシリーズの一編であるという印象しか残っていなかったのであるが、今回10年ぶりぐらいに読み直したところ驚くべき事実が発覚した。
 
 
これFF(ファイナルファンタジー)じゃん!
 
 
いや、その、機械と魔術に支配された異形の”暗黒帝国”とか、空を飛ぶ機械が飛び交う圧倒的な空戦シーンとか、迫る暗黒帝国に軍勢に対し、主人公ホークムーンが防衛するブラス城が超音波砲をぶちかましたり、また圧倒的な帝国軍に対してこうするレジスタンスとか、ちょっぴり常軌を逸した悪役とか、とにかく全編があまりにFF臭が溢れていてたまりません!

あと、随所に戦記物としての描写や群像劇っぽい描写もあるのがなかなか楽しいけど、これって本当にヒロイックファンタジーじゃねえなあ。魔術の扱いがほとんど科学と変わらなかったり、舞台が中世ヨーロッパ的な世界に超科学をぶち込んだみたいな世界だったりするので、ひょっとしたらパラレルワールドものでもあるのかもしれない。

全編にハリウッド映画的な荒唐無稽さとスケールの大きさがあって、すごくエンターテインメントをしているなあ、と思った。というか、これを映画化したらスターウォーズそのまんまですな。主人公がフォースが、とか言い出しかねないぜ!

|

« 『DIVE!!(上)(下)』読了 | トップページ | 『RUN RUN RUN』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/10801300

この記事へのトラックバック一覧です: 『額の宝石 ルーンの杖秘録Ⅰ』読了:

« 『DIVE!!(上)(下)』読了 | トップページ | 『RUN RUN RUN』読了 »