« 『クライマーズ・ハイ』読了 | トップページ | 買ったもの/読んだもの »

2006.07.03

『閉ざされた夏』読了

433474017009
閉ざされた夏』(若竹七海/光文社文庫)読了。

事件にまつわる人間関係のもつれが、意外な証拠から新たな展開を見せ、それがある作家の過去と絡み合い、あらたな側面を見せていく過程の描写が細かくてよかったな。ミステリ的な本編とはあまり関係が無い(まったく無いわけではない)夭折した天才作家(作者の創作)、高岩青十にまつわるエピソードがやたらと詳細かつ魅力的なのが面白いよなあ。単なるミステリのガジェットではない独自の魅力があって、こういうミステリと関係ないところに労力を注いでいるところが好きだなあ。

作品の内容としては、ユーモラスでほろ苦い青春ミステリ…と見せかけて昼メロもかくやと思わせるドロドログチャグチャの泥沼で後味は最悪。若竹七海は人間が嫌いなのか!?…嫌いなんだろーなー…と思わず納得してしまうほどいかんともしがたい作風はこの作者の持ち味ですな。書き方そのものは爽やかなのになあ、とこの作者の特異性を再認識した次第である。

|

« 『クライマーズ・ハイ』読了 | トップページ | 買ったもの/読んだもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/10650461

この記事へのトラックバック一覧です: 『閉ざされた夏』読了:

« 『クライマーズ・ハイ』読了 | トップページ | 買ったもの/読んだもの »