« 『暗殺者ヴラド・タルトシュ 虐げられしテクラ』読了 | トップページ | 『暗黒は我を蔽う マジカル・シティ・ナイト』読了 »

2006.07.29

自分の思考力が鈍っていることは自覚しても改善の手段が思いつかない

本当に良くない。思考力が鈍りすぎて、そもそも日常会話すら出来なくなってきた。絶賛不調中。

1.『はやて×ブレード(5)』 林家志弦 メディアワークス

相変わらず会長が超絶ステキすぎる。マジラブ。ところで子供時代の会長と静久の印象が、現在では逆転しているのはなにかしらの伏線なんですかね。

2.『ガンスリンガー・ガール(7)』 相田裕 メディアワークス

ペトルーシュカとサンドロの関係が、この作品にあるまじきほどに”健全”であることに驚愕の念を禁じえない…。この二人、仕事とプライベートをきちんと区切り、お互いの考え方の相違を受け入れると同時にお互いを尊重し合っている。それも相互依存にならない関係で。これはサンドロが偉いんだなー。

3.『少女ファイト(1)』 日本橋ヨヲコ 講談社

うーん、うーん。日本橋ヨヲコの漫画は、体調が悪いときに読むもんじゃねーな。いきなり「生き方が雑だな」なんて台詞が飛び足したりして心臓にわりーよ。致死性だよ。単純に”面白い”とは言えないタイプだけど、凄い作品を書く漫画家だと思う。

4.『トライガン・マキシマム(12)』 内藤泰弘 少年画報社

クライマックスの一歩手前?ずいぶん前から続いているような気がしてた…。

5.『ヘルシング(13)』 平野耕太 少年画報社

ま、「トライガン」もこの作品ほどじゃないけどな。

6.『HOLY BROWNIE(4)』 六道紳士 少年画報社

見もふたも無いオチが多くてなんか好き。あとぶっちゃけエロい。

7.『ヴェアヴォルフ オルデンベルク探偵事務所録』 九条菜月 C☆NOVELS

カッパノベルスを久しぶりに買った。特に感想は無い。

8.『煌夜祭』 多崎礼 C☆NOVELS

なんか僕好みっぽい。

9.『アラビアの夜の種族ⅠⅡⅢ』 古川日出男 角川書店

おお、古川日出男の本だと思って喜び勇んで購入したのだが、冷静に考えてみれば『アラビア~』はすでにハードカバーを3回ぐらい読み返しているのだが、そんなことはもちろんどうでも良いことなのであった。もちろん読みますよ。

10.『ダークタワーⅥ スザンナの歌(上)(下)』 スティーヴン・キング 新潮文庫

第一印象が「薄っ!」だったのはまさしくキングマジックに相違ない。てゆか上下巻で薄いはないだろ、自分。

11.『狂乱家族日記 六さつめ』 日日日 ファミ通文庫

ああ、また買ってしまった…。もうここまで来たら完結まで付き合うよ…。

12.『流血女神伝 喪の女王(4)』 須賀しのぶ コバルト文庫

しかしこれは一体どういう落とし方をするのだろう…。ストーリーが混迷を極めていて、先がまったく読めない。サルベーンがまたしても裏切りをしてしまったしなあ…業が深いやつ…。

|

« 『暗殺者ヴラド・タルトシュ 虐げられしテクラ』読了 | トップページ | 『暗黒は我を蔽う マジカル・シティ・ナイト』読了 »

コメント

上等シリーズ以来このブログを
よくみさせてもらってます

ガンスリンガーガールは
私も好きで読んでますが

ペトラとサンドロのペアが
登場した6巻から作品の
雰囲気が変わったように
感じます

サンドロにいままでの
担当官のようなカゲがない?

しかしすごい読書量ですねえ
RODの読子さんみたい・・・

投稿: 蟻 | 2006.07.30 19:50

こんな独断と偏見と妄想に溢れた文章を読んでいただきましてありがとうございます。いや本当に。読子さんと比べられるなど恐れ多いですよ。

ぺトラとサンドロの関係と言うのは、明らかにそれまでのフラッテロたちと対比されているように思います。この二人が健全であるがゆえに、それ以前の関係の”歪み”が際立って来るような気がしますね。

投稿: 吉兆 | 2006.07.31 23:14

自分に娘がいたら近親相姦の対象にしかならない―敬愛する澁澤のご意見な―という程度には、全人類的に歪んでいるので。
なにをいまさらという感じがしないでもないが、そこはかとない歪さ加減がこの作品の魅力なのではないかしら、という気がしてきた。

投稿: | 2006.07.31 23:31

個人的にはそこはかとないどころではないくらいに歪んでる作品だと思うのですが>ガンスリンガーガール。もちろんそこが魅力であると言う点はそのとおりだと思います。

それぞれのフラッテロは、お互いに過剰に願望を投影しあったり、依存しきっていたり、逆に完全にすれ違っていたりと、まともにコミュニケート出来ていないじゃないかと思うんですよね。そのような関係の行き着く先は何か?という点に興味をそそられます。ただ、あんまり不幸な結果になって欲しくないなあと思ったりもしますが、これは偽善的ですかね。

まあ、だからこそぺトラとサンドロの関係には仰天するほど驚いたのですが…。

投稿: 吉兆 | 2006.08.01 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/11138116

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の思考力が鈍っていることは自覚しても改善の手段が思いつかない:

« 『暗殺者ヴラド・タルトシュ 虐げられしテクラ』読了 | トップページ | 『暗黒は我を蔽う マジカル・シティ・ナイト』読了 »