« 『額の宝石 ルーンの杖秘録Ⅰ』読了 | トップページ | 体調は悪いがテンションは高い »

2006.07.18

『RUN RUN RUN』読了

419862141109
RUN RUN RUN』(山下卓/徳間書店)読了。

ファミ通文庫で『BLOODLINK』を書いていた山下卓の作品。買ったは良いが積みっぱなしになっていたのを、たまたま発掘したので読んだ。まあー見事なまでに世間から外れた人間の逃走と再生の物語になっていて、まあやっていることはいつもと同じような気もする。

人生が大変なことになっている人たちが、逃走して、態勢を立て直すまでを描いているのだが、本当に温泉に行くだけの話しであったりする。別段悲壮感もないし、どうしようもなく追い詰められているわけでもないが、追い立てられるように旅に出て、グダグダとおしゃべりをしながら自分の問題にゆっくりと取り組んでいくあたりが、やたらマイペースなのがちょっとおかしい。問題は結構深刻なんだけどね。

まあ作品としてはいかにも現代文学だなあ、という印象しかないのだが、むしろ山下卓はこういう作品への指向性を持っている感じで、あんまり違和感が無いなあ。

|

« 『額の宝石 ルーンの杖秘録Ⅰ』読了 | トップページ | 体調は悪いがテンションは高い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/10841184

この記事へのトラックバック一覧です: 『RUN RUN RUN』読了:

« 『額の宝石 ルーンの杖秘録Ⅰ』読了 | トップページ | 体調は悪いがテンションは高い »