« 『半分の月がのぼる空(7)』読了 | トップページ | 購入報告 »

2006.06.28

『撲殺天使ドクロちゃんです』読了

484023443401
撲殺天使ドクロちゃんです』(おかゆまさき 編/電撃文庫)読了。

あー……要するに電撃文庫トリビュート、ですな。よりによってというか、これしかないというかドクロちゃんがテーマとは、つくづくおかゆまさきのいじられエンターテナーっぷりには感心する。おかゆまさき編、というところにどこまで実効性があるのかは不明だが、つれてきた作家陣は意外に豪華、って言うか電撃文庫とは何の関係も無い人が入っていないか?築地俊彦ってなんか書いていたっけ? 水島努って誰だよ、とか。中身についても全員がてんでばらばらに自分の好きなように作品を転がしているだけで、原作に対するリスペクトなんて爪の垢ほどもありゃしない。作品に対する愛が感じられないぜ!別にいいけど。

イラストもなかなかに豪華布陣なのだが、CLANPがいきなりいるのには腰が抜けた。しかもこれ、ドクロちゃんですか…。

「高橋弥七郎の場合」
なんというかドクロちゃんが普通に学園異能をやっているのが違和感というか、ああ良く考えてみればこの作品も設定だけ抜き出してみれば一般的な意味での電撃文庫的伝奇小説的な設定が背景にあるのだなあ、なんてことを知ることが出来たのは収穫だったろうか。無駄に血沸き肉踊っている。本当に無駄だ。…貶しているわけじゃないぞ。

「築地俊彦の場合」
撲殺天使ドクロちゃんの”撲殺”部分に着目してみました、という話。何がやりたいのかさっぱりなのだが、そもそもこの人の作品はすべて何がやりたいのかさっぱりわからないので、その意味ではこの作者らしい作品なのだと思う。なんだそりゃ。まあなんというか、常識とか良識とか、そういう部分のブレーキのかけ方が一般的なライトノベル作家とは微妙に異なるタイプなんだろうな、とは思う。よくわからんが。

「鎌池和馬の場合」
鎌池和馬は意外と真面目なタイプなのだということがこの作品を読んでわかった。というか愚直なタイプなのだろうな。やりたい放題な作品の中で、唯一ドクロちゃんのトリビュートを書こうとしているのは正直えらい。まあやっていることはいかにも鎌池和馬的であり、ドタバタのハイテンションコメディであったが。もー本当に毒にも薬にもなんねーな。

「ハセガワケイスケの場合」
すまん、と最初に謝ります(なんか偉そうだな)。ドクロちゃんとは思えぬ圧倒的叙情的表現の嵐に、思わず腹を抱えて大爆笑。いや、作品そのものがどうこうというものではなく、あまりにも原作を無視して自分のやりたい放題のことを貫いてしまったハセガワケイスケには正直なところ畏怖さえ覚えたのだが、原作とあまりなギャップが思わず僕のツボに直撃した。僕はこういうエッジが効いたやつが読みたかったんだよ。いい意味で原作に愛が無いというか。

「谷川流の場合」
このあたりからもう笑いのツボが押されっぱなしでヤバイことになる(僕が)。おそらく原作に対する愛がまったく感じられない今作の中で、もっとも愛が無い作品を書いたのはやはり谷川流だった。もうメタメタにしてグダグダでただひたすら作者が地の文で延々と愚痴を言っているだけという谷川流以外に誰も書きそうも無い、そして谷川流以外に誰も許されないような作品である。あといろいろネタをぶちまけ過ぎ。苦しくなったなネタで稼げとばかりに無理矢理ばら撒かれる絨毯爆撃には、この作者の頭の良さと頭の悪さの双方がよくわかった気がする。ぶっちゃけひどすぎる。

「水島努の場合」
もしかしたら一番面白かったかも知れん。だが最大の問題はこれはライトノベルではないという以前にこれは小説ではないというところだが、まあ面白いという事実の前には些細な問題である。そして、ひどいと言う意味では谷川流すらも凌駕するひどさだ。なにがどうひどいのかと言う点については、とりあえず即物的にひどいと言うことで勘弁してください。死ぬほど笑った。やばい。僕。

「成田良悟の場合」
シリアスだけどギャグ。ギャグだけどシリアス。やっていることや登場人物たち自体はありえなさ過ぎるのに、ストーリー自体は超絶シリアス。そのギャップが笑えそうで逆に笑えない。その綱渡りの緊張感はかなりいい感じ。ところで、これまで好き放題にやってきた作家たちの後始末をしなきゃならんとは、成田良悟も損な役割だと思ったけど、そこでこんな摩訶不思議な魔球を放り投げてくるあたり只者ではない。ちょっと過小評価していたかもしれない。

「時雨沢恵一の場合」
徹頭徹尾、ひたすらに桜くんとドクロちゃん(若本ボイス)が作品世界の構造について語りつくす話。もうここまで読んできた時点で並みの感性など擦り切れているはずの読者をさらに混迷に陥れる魔の空間。一応物語の落としどころを持ってきているわけだが、良くこんな難しい仕事を引き受けたな。おかゆまさきと仲がよいのかしら。まあ若本ボイスだけで僕はいっぱいいっぱいでありますよ。

|

« 『半分の月がのぼる空(7)』読了 | トップページ | 購入報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/10564270

この記事へのトラックバック一覧です: 『撲殺天使ドクロちゃんです』読了:

» 撲殺天使ドクロちゃんです [ライトノベルっていいね]
撲殺天使ドクロちゃんです 著者 おかゆまさき他 イラスト とりしも他 レーベル 電撃文庫  こういうのをトリビュートって言うんだ。  知らなかった。    人気blogランキングへ ← よろしくお願いし... [続きを読む]

受信: 2006.07.07 19:30

« 『半分の月がのぼる空(7)』読了 | トップページ | 購入報告 »