« 『ZOO』読了 | トップページ | 『銃とチョコレート』読了 »

2006.06.19

『バイトでウィザード 唱えよ安らぎの歌、と星は輝いた』読了

404428713901
バイトでウィザード 唱えよ安らぎの歌、と星は輝いた』(椎野美由貴/角川スニーカー文庫)読了

・・・これ、ひょっとして最終巻ですか?と思わず言ってしまいたくなるほど見事な終わり方であった。

正直に言って、この作品でこれ以上の終わり方は正直思いつかない。主人公たちをめぐる厳しい試練には何一つ改善されていないけれども、しかし、彼らは自ら生きることを選択し、その残り少ない生を全力で生き抜くことを誓うラストは、奇跡とか根性を忌避するこの作者が、かろうじて出した希望に満ちた回答であるといえなくも無いと思う。ほんと、これ以上に希望に満ちたラストは、奇跡が起こらない限りありえないよ!

本当に、作者、どーするんだろー…。続けられるのか…?

あ、書き忘れていたけど、全体的に腹黒い大人たちの精一杯の責任感がなかなか光っていましたね。主人公を利用しつくすことしか考えていない腹黒当主も、主人公に強いた犠牲の分だけの責任を果たそうとしていたり、頑固で横暴、他人を踏みつけにすることをなんとも思わない副長が、自分の信念に従って、ちょっとだけ手助けをしてくれたり、今までひたすらに主人公たちを抑圧し、踏みにじる立場であった大人たちの少し違った側面が現れているあたりに、ああ、やっぱり作者ってサラリーマン小説が書きたかったのね、と思った。面白いなあ…。

組織に生きる大人と、組織を理解出来ない子供の対決なんですな、これ。

(そこにそもそも社会に生きることすら出来ない子供の我儘もあったけど、この巻で退場してしまった…。うーむ、まあ長生きできる生き方ではなかったからな…)

|

« 『ZOO』読了 | トップページ | 『銃とチョコレート』読了 »

コメント

はじめましてshine楓と言います。

考えたら三年位前なんですよね…coldsweats01
でもラノベでこの作品が一番好きなんですよ(笑)最終巻であってほしくないです。
腹黒家長がドツボでして(汗)
大人の事情と子供の事情どちらが勝つんでしょうか…。
未消化の伏線がたっくさんあるので長編まだ続けてほしい!!
鬱な雰囲気が大好きなんですよね(笑)
ファンレター、書いてみようかなと思っていますっ!
でわ、突然失礼しました!!

投稿: 楓 | 2009.02.25 17:00

楓さんはじめまして。

腹黒家長がドツボですか。あの人は相当にひどい人ですけど、きちんと筋が通っているから憎めないんですよね。いや、洒落じゃなくひどいんですけど。

もう3年間続きが出てませんけど、まあ、この業界、6年とか10年とか経って突然続編が出ることがありますから、まったく可能性が無いわけではないでしょう。

この巻の終わり方から続けるのは相当に厳しいとは思いますけど、焦らずに待ってみるのが良いのではないかと思います。

投稿: 吉兆 | 2009.02.25 20:53

そうですね、気長に待ってみます。
腹黒家長いいですよ~(笑)
あの胡散臭さがいいんですよ~(笑)
語りだすとキリがないので今日はこの辺で。
また来ますね♪

投稿: 楓 | 2009.02.26 21:07

あの胡散臭いのがいいんですかー。なるほど。確かにアレは胡散臭い(えー)。

またいつでもコメントください。

投稿: 吉兆 | 2009.02.26 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/10406403

この記事へのトラックバック一覧です: 『バイトでウィザード 唱えよ安らぎの歌、と星は輝いた』読了:

» 唱えよ安らぎの歌、と星は輝いた [STAIRWAY 2 HEAVEN]
椎野 美由貴 バイトでウィザード 唱えよ安らぎの歌、と星は輝いた スニーカー文庫の「バイトでウィザード(著:椎野美由貴 画:原田たけひと )」を読みました。  礼子への恋心や記憶のすべてを、術の力で自分の脳から消す。そのかわりに、彼女の命と自由は 保... [続きを読む]

受信: 2006.06.20 22:23

« 『ZOO』読了 | トップページ | 『銃とチョコレート』読了 »