« 買ったものなのか読んだものなのか… | トップページ | 『陽気なギャングの日常と襲撃』読了 »

2006.06.12

『とらドラ2!』読了

484023438801
とらドラ2!』(竹宮ゆゆこ/電撃文庫)読了。

なぜか感想を書くのを忘れていたのでいまさらながらに感想を書く。

奈須きのこが帯にコメントを入れていたりするのがなにかと謎だが(電撃文庫と何の関係が…)、それはそれとしてあんまり大きな出来事は起こらないまま進むちょっぴり生きることが大変な主人公たちが繰り広げるドタバタと空回る日常を描いている。話が進むにつれて、主人公である竜児や大河よりもその想い人である北村や実乃梨の方が奇天烈っつーかかなりヘンテコなキャラクターだったりすることが明らかになったり、新キャラの亜美などというこれまた生きるのが上手いようで下手な難儀なやつが出てきたり、大和撫子な兄貴な生徒会長、狩野すみれというこれまたわが道を行くキャラが出てきたり、この作品には一人で生きていけるタイプか、一人でしか生きていけないタイプか、一人では生きていけないタイプしか出てこないのか!?と思った。極端なやつらだなあ。

ラブコメとしては、主人公の竜児は、母親という明らかに一人では生きていけないタイプ(なのかなー…)がいるせいでやたら世話焼きのため、どう考えても櫛枝実乃梨とは接点がねーよなー。実乃梨はたぶん一人でも生きていけるタイプだもんよ。一人でしか生きていけない(大河)、あるいは一人では生きていけないタイプ(たぶん亜美)という異なるタイプ相手に、果たして竜児はどーするんだろーな。こいつは問題を抱え込んでいるタイプを放っておけないやつからなー。あーあ、おめーそんなことをしてる場合じゃねーだろ…と余計なお世話ながら心配してしまうよ。

まー、そういう不器用な部分は、僕が好きなところなんだがね。

|

« 買ったものなのか読んだものなのか… | トップページ | 『陽気なギャングの日常と襲撃』読了 »

コメント

竜児では?

投稿: | 2006.07.24 12:14

ありがとうございました。修正しました。

投稿: 吉兆 | 2006.07.24 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/10284873

この記事へのトラックバック一覧です: 『とらドラ2!』読了:

» とらドラ2!//竹宮ゆゆこ [ラノベ365日]
とらドラ2!竹宮 ゆゆこ メディアワークス 2006-05by G-Tools 【川嶋亜美。北村の幼なじみにしてファッションモデル。顔よしスタイルよし外面、よし。でもその本性は―? 北村に片思い中の大河は心中穏やかでなく・・・】 天然とは、ああいう人のことを言うのだ。 いやいや..... [続きを読む]

受信: 2006.06.22 01:57

« 買ったものなのか読んだものなのか… | トップページ | 『陽気なギャングの日常と襲撃』読了 »