« 『青葉くんとウチュウ・ジン(3)』読了 | トップページ | 完全に燃料不足 »

2006.06.06

『ジューンブライド上等。』読了

484011540001
『ジューンブライド上等。』(三浦勇雄/MF文庫J)を読了した。

ハイテンションノンストップラブコメもこれにてひとまずの幕となった。正直、素直に楽しむというには読者である自分に雑念が多すぎる作品ではあるのだけど、それでもこの作品が面白い作品であった事には違いない。ここはあえて、とても面白かった、と述べておこう。

主人公たちに”番組”を仕掛ける槍ヶ岳のスタンスが明らかになって、多少はエンターテインメントとして消費される主人公たちの痛みの構図も、まあ納得は出来ないけど理解は出来ないわけでもないかな、と思わないでもない(二重否定かよ)。結局、槍ヶ岳は確かに職業意識に基いて番組制作をやっているんだろうけど、それでも主人公たちの人生を楽しむ視聴者の姿があるわけで、なんとも居心地の悪さがぬぐいきれないなあ…。

まあ、結局ここまで拘る理由と言うのは、僕が猿岩石から最近のラブワゴン(て言うの?)に連なるフィクションとノンフィクションの境目が曖昧な番組が昔から大嫌いだから。どうもあの現実を捻じ曲げて無理矢理フィクションのドラマティックさを付与しようと言う演出は、現実を自在にデコレイトしようと言う意図が垣間見えて嫌悪感を感じてしまうのである。好きな人には申し訳ないけど…むかつくものはしょうがない。

だからこの作品が気に入らない理由と言うのは完璧に私情でしかない。作品自体の面白さ、出来の良さとはまったく関係ないところでこの作品は気に入らないわけで、そのあたりはあまり突っ込まない方が良いのかも(自分が嫌悪を感じる部分は言語化した方が良いのかもしれないが…)。ていうか、毎回こういう不快感を感じながら読み続けてしまうのは、我ながら一体どう言う心の動きだ?わけわからん。実はこの作品が大好きなのかもしれんな、自分は…。つまりツンデレ。

(最近、何でも(僕が)ツンデレに結びつけようとするので困ります(僕が))。

|

« 『青葉くんとウチュウ・ジン(3)』読了 | トップページ | 完全に燃料不足 »

コメント

つい先ほどこのシリーズを読みまして
私と同じ気分を味わったひとがいないか
ググってここにきました

トゥルーマン ショーという映画を
みたことがありませんか?

真剣に生きている人のリアルな生活を
思うようにお膳立てして
第三者が娯楽としてみてるという構図が
この作品と同じなんです

このシリーズを呼んでなにかしら
心に訴えかけるものを感じたわけで
そういう意味ではこの作品を認めてます

だけど

槍ヶ岳という存在が主人公を
殺そうとしたハヤミより
悪い存在におもえてしょうがないんです

4作目でゆかりに対して
槍ヶ岳が土下座して謝罪してましたが

鉄平の両親は息子の葬式を現実として
あげた事に対して

槍ヶ岳のいってる
自分の番組で人死はさせないとかいう
言葉に偽善しか感じません

人が死ななかったら
何をしてもゆるされるんですか?

いまはあまりの後味の悪さに
気がめいりそうです

投稿: 蟻 | 2006.07.27 00:12

『トゥルーマンショー』は見てます。あれは「自分が生きているこの世界は、ひょっとしたらただの幻なのではないのか?」と言う現実崩壊感の延長線上での主人公の選択を描いた作品だと思っていますので、『上等。』シリーズとは方向性は違う気がします。

ただ、確かに主人公の選択はあらゆる意味で娯楽として消費されると言う点においては確かに共通していますね。ただこの場合(どちらも同じですが)、果たして本当の悪とはなんなのかと言う点が重要ではないかと思います。

槍ヶ岳の言っていることとやっていることは、まぎれも無くおためごかしには違いが無いんですが、彼女の場合は仕事でやっているわけですからね。人死には出さない、と言うのは彼女の職業意識として納得出来ないでもない(まあ、ひどい話だとは思いますよ)。

ただ、個人的により重要な問題だと思うのは、それを喜び、物語として消費する視聴者の存在です。番組越しであれば、登場人物たちのどのような怒りであれ悲しみであれ、喜ぶ人々がいるということ。それこそが最大の悪では無いかと感じます。

たとえばニュースやドキュメンタリーであっても、それを見ている人にとっては現実ではなく、知識でしかありえないと言う点で、TV(ひいてはメディア全般)と言うものが持つ根本的な問題なのかもしれませんが、この『上等』シリーズにおいては、まさにその問題がそのまま浮き彫りにされていると感じます。

つまり、番組制作者=槍ヶ岳=作者、視聴者=異世界の視聴者=読者。小説内の登場人物たち(TVの向こう側の存在=非現実的な存在)の不幸を楽しみ、喜ぶと言う意味で、読者たる自分がTVの視聴者とまったく同じメンタリティであると言うことですね。

自分だけが例外ではなく、不幸を楽しむ存在であると言う事実は認めざるを得ないと言う点を指摘してくれたと言う意味で、僕はこの作品を評価しています。

投稿: 吉兆 | 2006.07.27 22:54

番組制作者=槍ヶ岳=作者
視聴者=異世界の視聴者=読者

作者と読者を小説内の登場人物たちの
立場に重ねるという発想は
思いつきませんでした

さんざん悪いことを
書いてしまいましたが
私もこの作品はずばらしいとおもいます

しばらく間をおいてもう一度
冷静になって読み返してみようとおもいます

つたない意見に返事と
すばらしい意見をいただき
ありがとうございました

投稿: 蟻 | 2006.07.28 11:22

大変偉そうな意見になってしまい、恐縮です。

僕はこの作品を評価しておりますが、おっしゃる通り長所も欠点も山のように持っている作品だとも思います。

また、作者がどこまで自覚的に書いているのか良くわからないので、僕の解釈は、ちょっと深読みのしすぎかもしれませんね。

後味の悪さ、納得のいかなさと言うのは、実のところ僕も強く感じています。評価としては非常に複雑ですね…。

投稿: 吉兆 | 2006.07.28 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/10284672

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジューンブライド上等。』読了:

» ジューンブライド [キューピッド]
アメリカでは大学の卒業式が5月にあり、それが終わってから結婚するカップルが多いので、「6月の花嫁」という言葉が生まれたようですね。 [続きを読む]

受信: 2006.06.07 21:51

» ジューンブライド上等。/三浦勇雄 [ラノベ365日]
ジューンブライド上等。三浦 勇雄 メディアファクトリー 2006-05by G-Tools 【6月のある日、鉄平の元にまたまた現れた槍ヶ岳から「今日はゆかりさんの婚約式です」のひと言。ゆかりが政略結婚なんぞ承諾するはずがないと思いつつも、会場に向かった鉄平だったが】 東京湾..... [続きを読む]

受信: 2006.06.09 01:43

» ジューンブライド上等。 [STAIRWAY 2 HEAVEN]
三浦 勇雄 ジューンブライド上等。 MF文庫Jの「ジューンブライド上等。(著:三浦勇雄 画:屡那 )」を読みました。  六月初旬のとある日の夕方。テレビを観ながらうどんをすすっていた鉄平の元に、いつものハイテンションで 槍ヶ岳が現れる。  「六... [続きを読む]

受信: 2006.06.11 23:59

« 『青葉くんとウチュウ・ジン(3)』読了 | トップページ | 完全に燃料不足 »