« 購入報告 | トップページ | 『ダークタワーⅤ カーラの狼』読了 »

2006.06.21

『魔法薬売りのマレア 千日カゲロウ』読了

404424604101
魔法薬売りのマレア 千日カゲロウ 』(ヤマグチノボル/角川スニーカー文庫)読了。

まーなんつーかヤマグチノボルらしい作品だな、と。主人公が一応変身ヒーローのカテゴリに含まれるクールなヘタレという何だかよくわからん兄貴に恋慕するハードマゾのあまり自分を苛めてほしくてツンツンした態度をとってしまう極めて特殊すぎる性癖を持った妹というあたりからしてヤマグチノボルがフルスロットル。まったく直接的な描写は皆無に等しいのによくもまあエロスに満ち満ちた作品を書けることと感心すること仕切り。うむエロス。小説としてはまあつまらなくは無いという感じだが、抑えるべきところはきちんと抑えているので不快感は感じない。まったく良い仕事をしている、という形容がこれほど似合うライトノベル作家も珍しいと思うよ。

|

« 購入報告 | トップページ | 『ダークタワーⅤ カーラの狼』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/10408199

この記事へのトラックバック一覧です: 『魔法薬売りのマレア 千日カゲロウ』読了:

» 魔法薬売りのマレア/ヤマグチノボル [ラノベ365日]
魔法薬売りのマレア 千日カゲロウヤマグチ ノボル 角川書店 2006-04-28by G-Tools 【怪異を祓うことができる魔法薬師の少女マレア。旅を続ける兄ミソギと一緒に、ある村に立ち寄ると、そこでは夜な夜な死者が蘇り家の扉を叩くという。そこには予想だにしない真相が!】 「..... [続きを読む]

受信: 2006.06.26 00:24

« 購入報告 | トップページ | 『ダークタワーⅤ カーラの狼』読了 »