« 『バイトでウィザード 唱えよ安らぎの歌、と星は輝いた』読了 | トップページ | 購入報告 »

2006.06.20

『銃とチョコレート』読了

406270580x01
銃とチョコレート』(乙一/講談社ミステリーランド)読了。

あっさりと傑作…と言ってしまうのはさすがに言いすぎだと思うが、それにしても、こんなものを子供に読ませていいのか、と思わず思ってしまう。いや、僕は読ませるけどね、自分の子供に(いないけど)。

最初はごく普通のジュブナイルっぽく始まり、英雄たる名探偵に対する憧れとか実に少年活劇ものっぽく始まるのだが、だんだん”失望”と”失敗”、すべてから逃げだしたくなるような身の置き所のなさとか実に乙一らしい邪悪な展開に息が出来なくなってくる。さらにクライマックスにかけて登場人物たちのほぼすべてが主人公のリンツ少年に嘘をついていて、しかも嘘をついている大人がまたさらに嘘をつかれていてと延々にめぐる嘘と裏切りのスパイラルに至るに至っては、「こ、この世には信じるに足るべきものなど何一つねえ!」という結論にしか達しないような気がする。…なんか子供に変なトラウマを植えつけようとしていませんか乙一は、と思わないでもないが、まあ子供のうちに上手く挫折を知っておかないと大人になったときに性格が偏るから、子供のうちに世の中は上手くいかないんだっっつーことを知っておくのは無駄にはなら無いんじゃないかねいや決して恨みとか妬みとか嫉みがあるわけじゃなくいや本当だって(もうぐだぐだ)。

でも真面目な話、この作品には誰もが嘘をついているし、リンツ少年をだましているわけだけど、それでもお母さんの愛は本当だし、お父さんの愛だって本当なわけで、もしこの世に価値あるものがあるとすれば、それはそんなささやかなものにあるわけで。まあ、変に世をすねてんじゃーぞ、ガキが、という乙一のメッセージのような気がしないでもないです。あと、もし嘘をつかない相手を見つけたらそれは生涯の友なんだぜ、とか(ドゥバイヨルはまさしくヒーローだぜ)。

まあ、この本には道徳的では無いけどちゃんと愛があるなあ、と思った次第である。素直じゃねーけどさ。

|

« 『バイトでウィザード 唱えよ安らぎの歌、と星は輝いた』読了 | トップページ | 購入報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/10406525

この記事へのトラックバック一覧です: 『銃とチョコレート』読了:

« 『バイトでウィザード 唱えよ安らぎの歌、と星は輝いた』読了 | トップページ | 購入報告 »