« 昨日買ったっつーか読んだもの | トップページ | 買ったものなのか読んだものなのか… »

2006.06.11

『殺×愛 THREE』読了

482911823701
殺×愛 THREE』(風見周/富士見ファンタジア文庫)読了。

うーん面白い。やっていることはいまどき流行のセカイ系そのものであり、ライトノベル的記号に満ち溢れたラブコメ伝奇ではある。しかし、セカイ系というのはジャンルそのものに毀誉褒貶があるものだが、ジャンルが何であろうと面白いものは面白いとボクは言いたい。まあ癖は強いけど、僕は結構悪くないと思うんよ。

セカイ系を楽しむには、その作品世界をつらぬく主人公の倫理に同調できるかどうかが鍵になる。主人公の考えに同意、もしくは共感ができれば作品を楽しむには問題ないが、拒否感を抱いた場合は楽しむのは難しい(普通の小説でも似たようなものだが、セカイ系(いや、よくわかってないんだけどね?)の場合、主人公の論理、価値基準が作品のそれになりやすい。そう考えると日日日作品はまさしくセカイ系の作家なんだろうなあ、と。閑話休題)。ただ、この作品における主人公の論理というのは、青春に対して徒労感にもにた疲労を覚えつつ、それでもなお期待することをやめられない青臭さというのは、結構一般性があるのではないかと。自己中心的で、世界と自己の間の距離感があいまいなある種の青春を描くには、セカイ系というのはひとつの手段としては有効、だったりすることもあるのかもしれない(歯切れわりーな)。 

あ、また本の感想を書いてねーや…。

|

« 昨日買ったっつーか読んだもの | トップページ | 買ったものなのか読んだものなのか… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/10284575

この記事へのトラックバック一覧です: 『殺×愛 THREE』読了:

» 殺×愛3/風見周 [ラノベ365日]
殺×愛3 ―きるらぶ THREE―風見 周 富士見書房 2006-05-20by G-Tools 【椎堂密とサクヤ。世界を救うための2人の契約恋愛は続いていた。密の前にアダムが現れる。「ゲームをしましょう」アダムの手により生み出されていく凶悪な天使たちだが】 密の前に現れたアダムが持ち..... [続きを読む]

受信: 2006.06.13 02:10

« 昨日買ったっつーか読んだもの | トップページ | 買ったものなのか読んだものなのか… »