« 『PRINCESS WALTZ』をクリアしてしまった…。 | トップページ | 『夏期限定トロピカルパフェ事件』読了 »

2006.05.03

理不尽かどうかと言うのは主観による

Something Orangeの「いまさら「電波男」について考えてみる」シリーズを読んでいてふと思ったのだが、確かによく「何の理由も無く嫌われた」とか「差別された」といわゆる”キモメン”が主張するケースがあるけれど、それが本当に理不尽なものなのか、と言う問題はけっこう重要だと思った。

個人的な感覚で言わせてもらえば、差別するのもされるのも必ず理由があるものだと思う(勿論、差別するに妥当なものかどうかは別問題として)。問題は、”理不尽だ”と感じる場合、本人にその理由がわかっていないということ。分かっていたとしても感情的に認められなくて、その妥当性について検討することも出来ない場合が多い事だろうな。

実を言うと、僕は今までに他人を”差別”したり”嫌ったり”したことがある(当たり前か)。例えば、他人の都合を考えず、徹底的に自分の都合だけで物事を進めるタイプや、大声で自分の意見を主張して少数意見を無視するタイプとか(同じか)。
こういうタイプを見ていると思わずイラっとしてきて、だんだん付き合わなくなって行ったり、自分でもあからさまに邪険に扱うようになるのだが、おそらく邪険にされた本人としては、自分がなんでそんな仕打ちを受けるのか理解出来ないだろうとも思う(そんなことが理解できるようならとっくに直しているだろう)。

結局、人間は自分の理解できる範囲でしか物事は見えないし、理解出来ないのであり、また人間はそれぞれ価値観や判断基準は異なっているため、ある人間にとっては自明でも、他の人間にとってはそうではないと言う事も結構ある。だから、自分がそう言う”何の理由も無く嫌われた”と感じたことでも、きっと自分にはわからない理由があるんだろうし、それを知るためにはそれは分かる人に聞くしかない(自分で考えても分からない。判断基準を持っていないから)。

おそらく”イケメン”と”キモメン”が分かり合えないのは、お互いが何故そうなるのかと言う理由がわからないからだろうし、その部分をはっきり出来れば論考のほとんどは解決するのではないか、と一瞬思うのだが、それをなすためには”イケメン”と”キモメン”間の対話が絶対に必要になるのだけど、両者(ここで言う対象とは、それぞれのカテゴリに属する人で、言論に影響力のある人物と言う意味。”キモメン”で言えば本田透氏がいいんだがなあ)の断絶、というか感情的なもつれ(”キモメン”がほとんど一方的に憎悪しているだけだけど。”イケメン”は無関心か、消極な嫌悪ぐらいかな)を何とかしないと実現不可能だろうな。

と言うような事を徒然と考えました。

|

« 『PRINCESS WALTZ』をクリアしてしまった…。 | トップページ | 『夏期限定トロピカルパフェ事件』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/9876662

この記事へのトラックバック一覧です: 理不尽かどうかと言うのは主観による:

« 『PRINCESS WALTZ』をクリアしてしまった…。 | トップページ | 『夏期限定トロピカルパフェ事件』読了 »