« 『ブラック・ベルベット 菫咲くころ君を想う』読了 | トップページ | 最近買ったもの »

2006.05.16

『閉鎖師ユウと黄昏恋歌』読了

475771833009_1
閉鎖師ユウと黄昏恋歌』(扇智史/ファミ通文庫)読了。

扇智史は最新作の『永遠のフローズンチョコレート』から読み始めて、発表順を遡るように読んできたわけだけど、このデビュー作は、いかにも扇智史の良い部分よ悪い部分が出ているように思った。

まず第一に伝奇部分のあまりの”熱”の低さがある。と言うのは伝奇的な設定を背負う”閉鎖師”であるユウが(タイトルにもなっているというのに!)全然まったく主人公でもなんでもない単なる背景に過ぎないというところにこの作品の特異さがあるように思う(何しろこのユウというキャラクターは作品内で基本的に何一つ役にたってない)。実のところ、この作品の主人公はユウではなく、二人の少女の間を揺れ動く江崎和柾が主人公であり、究極的には、江崎が二人のうちどちらを選ぶのか、という三角関係小説なのであり、伝奇的な部分と言うのは言うなればオマケ、あるいは付け足しでしかないのだ。そもそも作者には伝奇小説を書くつもりがあるとは到底思えない。世界孔と言う設定も明らかに青春期における自我の暴走を描くためのツールでしかなく、そのわりに中途半端に伝奇的な設定を残しているところが非常に勿体無いと思う。この伝奇的な部分を強めていくと『墓標の森と、魔女の本 閉鎖師秘戦録』になり(いやあ…これは全然褒められないんですよ…)、伝奇的な部分を完全に青春期を描くための背景と割り切ってしまうと『永遠のフローズンチョコレート』になるのだろうと思った。

この作品そのものについては、個人的には江崎が”選択”をした後の、喪失感を抱えながらかつての日々を思い返す空虚な穏やかさの描写が素晴らしいと思った。このような当たり前の日常と、その裏腹にある感情の流れを描くと扇智史の伝奇的にはクライマックス不明、カタルシスが微塵もないなどと弱点になってしまう”温度の低さ”が逆に長所へと転化しますね。ふとすると見過ごすような細やかな感情の切り取りが大変好みでした。

|

« 『ブラック・ベルベット 菫咲くころ君を想う』読了 | トップページ | 最近買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/10012394

この記事へのトラックバック一覧です: 『閉鎖師ユウと黄昏恋歌』読了:

« 『ブラック・ベルベット 菫咲くころ君を想う』読了 | トップページ | 最近買ったもの »