« 『されど罪人は竜と踊る Assault』読了 | トップページ | 『ブラック・ベルベット 菫咲くころ君を想う』読了 »

2006.05.14

『涼宮ハルヒの憤慨』読了

404429208601
涼宮ハルヒの憤慨』(谷川流/角川スニーカー文庫)読了。

とても面白い。

この作品の現時点における面白さと言うのは、実のところライトノベル的な面白さはあんまり無く、かといってSFとしてすごいというわけでもなく、またミステリとしても際立っているというわけでもないのだが、それでもなおこの作品はまぎれもなくライトノベルでありSFでありミステリでもある。そのようなジャンルの境を曖昧にして、無節操に取り込むのという手法は、ライトノベルの一つの潮流としては根強く存在しているのだが、この涼宮ハルヒシリーズにおいては、舞台となる背景(世界)が変容し続けるのに対してキャラクター達の個性がきちんと確立しているので、いかなる世界になろうとも、キャラクターたちの反応と関係を楽しむ(要するに萌えられる)ことが出来るのが安定感があってよいと思った。

まあ要するにキャラクターを眺めているだけで楽しいって事ですね。さまざまな事件が起こり、その事件に対するキャラクターの反応を楽しむ作品、という言い方をすると、『涼宮ハルヒ』シリーズと言うのは存外「キャラ萌え」的な志向をもっているのかも知れないなあ(キャラクターの反応を楽しむと言うと僕は『マリ見て』なんかを思い出すのだが、意外と共通項があるような感じもするかな)。

今回収録されている2編は、あからさまにキャラクターを魅せることに特化した感じの話になっていて(それでいながらミステリとして、あるいはSFとしても手を抜いていない)、ハルヒの、みくるの、長門有希の(何故かフルネーム)、あるいはキョンの内面の掘り下げや、それぞれの個性がはっきりと分かる部分が大変素晴らしいと思った。ハルヒも随分丸くなったなあ、と感じるとともに、みくるは本当に天然だなあとか、滅多に明かされない長門の揺れ動く感情が明らかになったりしている。個人的には、「編集長★一直線!」は非常に技巧的に高度な事をやっていて面白かった…というかこれはすごくないか?きちんと一つの短編として成立しているにもかかわらず、内容としては「いくつものショートショートが一つの短編となっているような作品」で、最後のオチにまで技巧を凝らしている。良くこんなのまとめたなあ。

「ワンダリング・シャドウ」についてはけっこうオーソドックスな超常現象もの。幽霊のように見えて実は…というある種の典型といえるのだが、とある超常現象の正体が実は別の超常現象だった、という論理展開はこのシリーズならではか。相変わらず困った時の長門頼りは変わらないが、結局彼女の役回りはそれなんだよな(その役回りに対して反抗をしたのが「消失」だったわけだけど、現在の彼女の心理としては、「編集長★一直線!」におけるあの文章なんだろうと思う。健気だな…)。あと、ハルヒがきちんと他人を気遣えるようになったあたり、人間的に余裕が出てきたなあ、と思ったりした。まったく男が出来ると女はこれだから…(などと妄想)。

大分作品におけるギミックも出揃ってきた感があり、そろそろ大きな動きが出てきそうな気もする。とはいえ、現時点ではクライマックスがどこになるのかさっぱり予想も出来ないんだけど。でもこのままだらだら続けてもしょうがないし、ちゃんと落としどころが欲しいところ。

まあ、サザエさんみたいに永劫回帰する物語になっても別にかまわないけどさ。

|

« 『されど罪人は竜と踊る Assault』読了 | トップページ | 『ブラック・ベルベット 菫咲くころ君を想う』読了 »

コメント

アニメ化されてから読み始めるへたれな私です^^;
ホント、結末が予測できない以上
今のうちに楽しんでおかないと、という気がしますね~
最初の1巻目だけ読んで、かなりブランクがあったので
展開のひろがりにおどろくばかり…
個人的希望ですが、ライトノベル喫茶あったらいいなぁ…
自分で始めろと言われそうw

投稿: もりもり | 2006.05.14 15:24

結末が予想できないというより、結末をどうやってつけるのかが全然想像が出来ません。ひたすらだらだらと非日常な日常話を続けていっても別にかまわないといえばかまわないんですが。

やっぱり『涼宮ハルヒ』という作品は、実質的には1巻できちんと終わっているんだと思います。2巻以降はずーっと番外編みたいな感じ?

投稿: 吉兆 | 2006.05.14 18:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/9885199

この記事へのトラックバック一覧です: 『涼宮ハルヒの憤慨』読了:

» 涼宮ハルヒの憤慨 [ライトノベルっていいね]
涼宮ハルヒの憤慨 著者 谷川流 イラスト いとうのいぢ レーベル 角川スニーカー文庫  過去の設定を上手く活かしているなぁ。    人気blogランキングへ ← よろしくお願 [続きを読む]

受信: 2006.05.23 18:26

« 『されど罪人は竜と踊る Assault』読了 | トップページ | 『ブラック・ベルベット 菫咲くころ君を想う』読了 »