« 『GOSICsⅡ -夏から遠ざかる列車-』読了 | トップページ | 憂鬱な気分は借金取りに似ている »

2006.05.25

『七瀬ふたたび』読了

410117107609
七瀬ふたたび』(筒井康隆/新潮文庫)読了。

超能力は単なるスパイスで、あくまでもドロドロに崩壊しまくった家族関係の妄念を描いた『家族八景』に続いての七瀬シリーズではあるが、前作に比べると随分とストレートな超能力物になっている。一般人からは迫害され、逃げ続けることしか出来ない超能力者、というモチーフは今となっては手垢がついたと言えなくも無いけど、考えてみれば椎名高志の『絶対可憐チルドレン』でも同じことをやっているわけで、このテーマの普遍性には感心してしまう。
しかし、超能力ものにシフトしたとは言え、これでもかこれでもかと描きぬく唾棄すべき人間性の暗黒は健在であり、このいささか滑稽とさえいえる悪意の描き方が無くして七瀬シリーズは語れないと思った。そのくせちょっとばかりハートウォーミングな話にもなっているし、超能力者たちが、超能力者を狩る組織に対して凄絶な抵抗の物語ともいえるようであるし、なかなかエンターテインメントとしても素晴らしかった。

しかし、一番印象に残っているのが筒井康隆はエロいなあ、と感じたことだった。描写がどうこうと言うよりも、シチュエーションがエロい。もうどうしようも無いな…(僕が)。

|

« 『GOSICsⅡ -夏から遠ざかる列車-』読了 | トップページ | 憂鬱な気分は借金取りに似ている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/10049571

この記事へのトラックバック一覧です: 『七瀬ふたたび』読了:

« 『GOSICsⅡ -夏から遠ざかる列車-』読了 | トップページ | 憂鬱な気分は借金取りに似ている »