« 『マキゾエホリック case2: 大邪神という名の記号』読了 | トップページ | 最近買ったもの »

2006.05.10

『アンダカの怪造学Ⅲ デンジャラス・アイ』読了

404481003601
アンダカの怪造学Ⅲ デンジャラス・アイ』(日日日/角川スニーカー文庫)読了。

『アンダカ』シリーズの第3弾、なのだが同作者の『蟲と眼球とチョコレートパフェ』で、何故に納得のいかない印象をもったのか腑に落ちた。だがそれに書くと長くなるので後日書くことにする。

色々言いたいことはあるんだが、伊依に対するそのとぼけ方は無いと思うんだが遊よ…。あの状況で遊を疑わない伊依の思考回路を疑ってしまうぜ、などといきなりケチをつける事から始めてしまってすいません。なんかなー、相変わらずなー、ストーリーテリングがさっぱりわかんねーんだよなー。舞弓がしっかりと犯人だっつってんのにあそこから話がまだ続くとは。うーむ…そう言うもんなのか?相変わらず極端から極端に向かうキャラクターの行動も飛躍が多過ぎるなあ、とも思いますし。今回登場した仇祭遊の行動も(その裏にある者の意図があるわけだけど)、「一度怪造学で酷い目にあったから怪造学に関するすべては悪」と言う一方的な決め付けとしか言いようが無い動機にはもはや感心したと言ってもいい。「自動車は事故を起こすから悪」と同じレベルの理屈を振りかざされても困るなあ。「はあ、ソウデスカ」としか言えないよ。

まあ極端から極端に向かうのは日日日作品全般に言えることなんだけれども、『アンダカ』シリーズは特にその傾向が強いですね。たぶん主人公が日日日作品の中でも際立った理想主義者であるため、日日日特有の青臭さが化学反応を起こして濃縮還元500%ぐらい起こしているのではないかと思う。この、いわば日日日理論を潜り抜けないと楽しむ資格は無いんだろーなー…とか思った。僕はちょっと厳しいぜ…。

ただ、個人的には随所に現れるフリークス描写と残虐描写と血みどろ描写(全部同じだ)にとてつもない悪意と情熱をかけて描かれているあたり非常に気に入ってる。特に”黒幕”のあれがたまらん。遊が”皮を剥ぐ”シーンもたまらなく悪趣味で、まったく日日日は悪趣味な描写をさせたら天下無敵だね!全体的に漂う邪悪な底意地の悪さといい、日日日は絶対ホラー作家としての才能があると思うのだが。というか”不愉快”な描写をさせたら日日日の右に出るライトノベル作家はいないと断言してしまおう(まるで小林泰三みたいだよなあ…)。

というところで気が付いた。僕は日日日の作品が嫌いなのではなく、彼が書く”ライトノベル”が嫌いらしい(『ちーちゃんは悠久の向こう』はやっぱり鮮烈な魅力に満ち溢れた作品だと思うんだよ)。

日日日はもっとホラーを書いてくれれば良いと思った。以上。

|

« 『マキゾエホリック case2: 大邪神という名の記号』読了 | トップページ | 最近買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/9885208

この記事へのトラックバック一覧です: 『アンダカの怪造学Ⅲ デンジャラス・アイ』読了:

« 『マキゾエホリック case2: 大邪神という名の記号』読了 | トップページ | 最近買ったもの »