« ただいま、そしておやすみなさい | トップページ | 『アンダカの怪造学Ⅲ デンジャラス・アイ』読了 »

2006.05.09

『マキゾエホリック case2: 大邪神という名の記号』読了

404472002901
マキゾエホリック case2: 大邪神という名の記号』(東亮太/角川スニーカー文庫)読了。

相変わらずキャラ立てというものを意図的に放棄し、記号のみによってキャラを規定するとともに、物語そのものが(灘英斗がするように)要約と記号化を繰り返すという単純にライトノベルというよりもライトノベル批評の原資料みたいな側面が強い作品ですが、まあ面白いことは間違い無い。記号性をここまで全面にさらけ出すなんてのは蛮勇とさえ言える行為だと思うが、まあ思いついちゃったもの勝ちではあるよなあ。関係ないが、記号化されたキャラクターを大勢繰り出すという手法は一見するところ赤松健っぽく見えるかもしれないが、そもそもこの作品は、キャラクターを絡ませるということ自体はあまり主眼ではなく、記号化されたキャラクター達に対して、それぞれが代表する世界観(無論記号化されているわけだが)を丸ごとそれぞれのキャラクター性に包含することによって生じる世界観の擦り合わせと融合、あるいはすれ違いを描いているという事を考えると、むしろこれは異なる価値観から生じるギャグ小説なのかという気もしないでもない、と言うのは冗談なので本気にしないように。

うーん、しかし何が面白いのかが説明し難い作品だなこれは…。

|

« ただいま、そしておやすみなさい | トップページ | 『アンダカの怪造学Ⅲ デンジャラス・アイ』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/9885218

この記事へのトラックバック一覧です: 『マキゾエホリック case2: 大邪神という名の記号』読了:

« ただいま、そしておやすみなさい | トップページ | 『アンダカの怪造学Ⅲ デンジャラス・アイ』読了 »