« 『カーリー ~黄金の尖塔の国とあひると小公女~』読了 | トップページ | 『タマラセ 幼馴染はドラゴンを喚ぶ』読了 »

2006.04.11

『薔薇のマリアⅤ.SEASIDE BLOODEDGE』読了

404471006601
薔薇のマリアⅤ.SEASIDE BLOODEDGE』(十文字青/角川スニーカー文庫)読了。

うーん面白いよー。エルデンの怪異はひとまず収束し、最後のZOOメンバーに会いに行くためにジェードリへ旅立つZOO一行であったが、ジェードリでは、今まさに街を仕切るマフィアと殺戮こそを教義とする教団の間で決戦が繰り広げられようとしていた。その抗争は、大切な人を守るため、そこに住む多くの人たちに対して血と涙の雨を公平を降らせつつ、凶暴で残酷な祭が今始まる!仲間たちとの大切な時間を過ごすマリアをよそに、笑い、泣き、いがみ合う人たちの物語を描いた異色作である。

限りなく外伝に近い作品で、言うなれば一巻まるごとインターミッションみたいな位置付けになるのだが、そこに生きる人たちの愚かさと悲しさといとしさは、本編となんら遜色は無い。街を仕切るマフィア、バンカロファミリーの個性的な人々や、捨て子たちを集めて”家族”をつくった娼婦の一家、殺戮を救済としてあがめる教団の三者の視点から語られている。あるものは寄る辺無き身を寄せ合い必死に生き、あるものはいがみ合いながらも大切なものを守るために身を捨て、あるいは剣を取り、あるものは失うことの悲しみに耐えられず暴走をし、またあるものは身のうちに秘めた狂気を満たすために人を殺す。そのどれもがあまりに人間的過ぎる葛藤があり、懸命に生き、そして死ぬ。

マリアたちの目の届かないところでも人は生きている、というごく当たり前の事実、そして生きることの困難さと人の愚かさを全部ひっくるめた上で”人間”を肯定すると言う、人間賛歌と言うにはのあまりにも狂騒的で熱に浮かされたようなエネルギーの爆発には、否応なしに感情を揺り動かされてしまう。

愚かで切ない。でも一生懸命生きているし、その中には掛け替えの無い光がある。そんな物語は、この作者の真骨頂だと思った。もう、本当に最高ですこれ。

|

« 『カーリー ~黄金の尖塔の国とあひると小公女~』読了 | トップページ | 『タマラセ 幼馴染はドラゴンを喚ぶ』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/9368153

この記事へのトラックバック一覧です: 『薔薇のマリアⅤ.SEASIDE BLOODEDGE』読了:

» 薔薇のマリア5/十文字青 [ラノベ365日]
薔薇のマリア 5.SEASIDE BLOODEDGE十文字 青 角川書店 2006-03-31by G-Tools 【ZOOのメンバーにの招待を受けてサンランド第三の都市・ジェードリへ旅立ったマリアローズたち。一方、そのジェードリでは怪しげな宗教とマフィアとの抗争の火種が・・・】 御身に成田が宿った..... [続きを読む]

受信: 2006.04.16 23:52

» [書評][十文字青][薔薇のマリア][ファンタジー][シリアス][★★★]薔薇のマリア(5)SEASIDE BLOODEDGE [いつも感想中]
薔薇のマリア 5.SEASIDE BLOODEDGE (角川スニーカー文庫) 作者: 十文字青 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2006/03/31 メディア: 文庫 うーん・・・「薔薇のマリア」シリーズはこういう博打を平気で打ってくるんだよな〜という5巻じゃないかと思います。 ストーリー ト... [続きを読む]

受信: 2007.10.16 23:06

« 『カーリー ~黄金の尖塔の国とあひると小公女~』読了 | トップページ | 『タマラセ 幼馴染はドラゴンを喚ぶ』読了 »