« 『奇憶』読了 | トップページ | 最近買ったもの »

2006.04.18

『ブギーポップ・イントレランス オルフェの方舟』読了

484023384501
ブギーポップ・イントレランス オルフェの方舟』(上遠野浩平/電撃文庫)読了。

物語の核心なるべき部分をあえて語らず、その周辺を描き続ける事で間接的に中心を語ると言うのが上遠野浩平のスタイルであると思っているのだが、巻を追うごとに描いている周辺部分が、全体のどこにあるのかが読み取れなくなって来ている。本編と外伝の区別が無いと言えなくも無いのだが、そもそもその区別をつける必要性もあまり感じられないところではある。本筋などと言うものは、言ってみれば単なる幻想であり、物語などと言うものは断片的で、てんでバラバラで、統一感も無く、解釈も出来ないものなのであり、登場人物たちはただ目の前に投げ出された状況に対処していく事しか許されてはいない。読者である我々は、ある程度は多くのエピソードを関連付けることを許されているものの、そもそもエピソードに整合性があるのかすら分からない。ただ一つ確かな事は、目の前に突然投げ出された危機も、もしかしたらどこかの誰かが何かと格闘した末に生み出されたものであるのかもしれないし、あるいはどこかの誰かが何とかしたからゆえに現状があるのかもしれない、という繋がりを”信じる”ということであり、ただそう信じる事で自分の行為が無駄ではなかったかもしれないと言う希望を得ること出来るのである。ブギーポップシリーズと言うのは、もしかしたら自分の行為は希望に繋がっていくのかもしれない、と言う行為を積み上げる登場人物たちの消えそうではかない繋がり描き続ける作品なのだろうと思う。今回、ただ世界の敵となって生きた恋人たちの行為が、それは何事もなしえないまま消えてしまうのだが、しかし、その行為を意味あることであったと信じる事が出来るという願いがあると意味では紛れもなくブギーポップシリーズの一遍であると言えるだろう。その物語には終りは無い。何かが終わったとき、何かが始まるのだ、という事を繰り返し繰り返し語り続けることにこのシリーズは意味を持ち始めている、と僕は感じるのである。

|

« 『奇憶』読了 | トップページ | 最近買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/9537754

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブギーポップ・イントレランス オルフェの方舟』読了:

« 『奇憶』読了 | トップページ | 最近買ったもの »