« 今日の購入物 | トップページ | 『侵略する少女と嘘の庭』読了 »

2006.04.01

『ソラにウサギがのぼるころ』読了

484011517601
ソラにウサギがのぼるころ』(平坂読/MF文庫J)読了。

相変わらず読者を騙くらかすことに命をかけている作家だなあ。読者が望む、読者(オタク)にとってもっとも心地よい展開を、常に裏切るのが平坂読クオリティ。その様は「ふ、ふん、別にオタク展開なんて好きじゃないんだからね!勘違いしないでよ!」とツンデレるに等しい。(読者に対して)ツンデレ作家、平坂読。お?なんかしっくりくるじゃねえか。

戯言はそのくらいにて、一般受けなんてものを地平線の彼方に投げ捨てた作風が大層素晴らしい作家の新シリーズの登場であり、素直にめでたいとしておこう。どれくらい一般性を考慮していないかと言えば、”ツンデレ”とか”フラグ”とかその他色々なオタク用語を何一つ解説を加えないことで読者の窓口を狭めた上で、さらに用語について来れるオタクが期待する展開を常に裏切るために、さらに読者を限定してしまっている!つまり、この作家は、「オタクに対して人並み以上の知識を有しながら、オタク的展開に我慢出来ない」と言う人にしか楽しめないのだ!この作品はそんなヒネクレものしか相手にしていないのである。

売れないわけだよなあ・・・(いや、実際には知らないけどね?)。

内容は…まあいつも通りの平坂読でした。まあ、最近流行りの現代学園異能と言う奴ではないかしらん。ただし、この作者の熱血嫌いと主人公特権嫌い(選ばれしもの、みたいなやつ)が遺憾なく発揮されているので、色々な意味で素直ではない。そこがたまらなく好きなんですけどね僕は。

|

« 今日の購入物 | トップページ | 『侵略する少女と嘘の庭』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/9228449

この記事へのトラックバック一覧です: 『ソラにウサギがのぼるころ』読了:

» ソラにウサギがのぼるころ/著:平坂 読【MF文庫J】 [字遊室]
買う予定はなかったのに、漁りたいので買いました。 内容は。 今度こそ主人公、霧村聖司が普通の生活を高校でしていたところ(藤堂とかいう軟派男とくっちゃべったり、冬木陽子というヒロインにしつこくアタックされるのをいなしていたりという何気ない生活)、それを破壊するように空から銀髪ゴスロリ少女が降ってきた。それからというもの変なウサギが出てきたりと聖司は対応に四苦八苦。 という感じ。 巻き込まれ型物語でございます。つか、ラノベって巻き込まれパターン多い気がする。そういうニーズがあるってこ... [続きを読む]

受信: 2006.04.01 10:46

» ソラにウサギがのぼるころ/平坂読 [ラノベ365日]
ソラにウサギがのぼるころ平坂 読 メディアファクトリー 2006-03-24by G-Tools 【霧村聖司の目の前に降ってきたユウと名乗る吸血鬼。千年前に別れた恋人を探しているという彼女。ただの妄想かと思いきや。聖司の日常は否応なしに「非日常“ラブコメ”に】 エロティカル! ..... [続きを読む]

受信: 2006.04.02 21:10

» うさぎの飼い方 [うさぎの飼い方]
かわいいウサギの飼い方、エサ、病気などのQ [続きを読む]

受信: 2007.07.12 06:34

« 今日の購入物 | トップページ | 『侵略する少女と嘘の庭』読了 »