« 『桜庭一樹日記 BLACK AND WHITE』読了 | トップページ | 『カーリー ~黄金の尖塔の国とあひると小公女~』読了 »

2006.04.10

昨日と今日で買ったものです

1.『ブギーポップ・イントレランス オルフェの方舟』 上遠野浩平 電撃文庫
2.『トリックスターズD』 久住四季 電撃文庫
3.『天使のレシピ』 御伽枕 電撃文庫
4.『暗殺者ヴラド・タルトシュ 策謀のイェンディ』 スティーヴン・ブルースト ハヤカワ文庫FT
5.『やみなべの陰謀』 田中哲弥 ハヤカワ文庫JA
6.『夢幻紳士【冒険活劇編】』 高橋葉介 早川書房
7.『学校怪談(1)』 高橋葉介 秋田文庫

・積極的に探そうと言うつもりはないのだが、本屋で見かけるとつい買ってしまうのが高橋葉介の漫画である。こういうのがマイブームとでも言うのだろうか。
・ところで少年夢幻魔実也って、典型的な高橋葉介的美少女顔なんだな…と書き下ろしの表紙を見て思った。青年夢幻魔実也のうさんくささとは偉い違いだ。
・電撃文庫って大漁にライトノベル新人を送り出しているけど、ときどきこういう作家をぽん!と出すから侮れないよなあ…。多分、ライトノベルレーベルから出すことに意義があるんだろうね。ああ、何の話かと言うと、『天使のレシピ』の事です。これ、超びっくらこいた。何しろ(ライトノベル的な”天使”という超常的な存在はあるものの)ガチ本気かつストレートな”恋愛小説”なのである。しかも超真面目。だがどことなくエロゲー文化に染まっているような気もするのだが。
・それはともかくとして松竜の挿絵は”はいていない”ことおびただしい。ありえないくらいに”はいていない”。極めつけに”はいていない”。
・意味も無く三回も書いてみました。
・そーいや、田中哲弥がハヤカワ文庫から出るとは…電撃文庫は版権を譲ったんですか。まあ全然書かない人だからしょーがないと言えばしょーがない。
・そう言えば本屋で『グインサーガ』の最新巻が出ていた。あれはいつになったら終わるのでしょうねえ…。僕の中で60巻ぐらいで止まっているので、最近はどーなっているのだろう…と気にならないでもないけど、なかなか読む気が湧きませんね。数十巻もあると。

|

« 『桜庭一樹日記 BLACK AND WHITE』読了 | トップページ | 『カーリー ~黄金の尖塔の国とあひると小公女~』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/9528030

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日と今日で買ったものです:

« 『桜庭一樹日記 BLACK AND WHITE』読了 | トップページ | 『カーリー ~黄金の尖塔の国とあひると小公女~』読了 »