« 『つばさ』読了 | トップページ | 『やみなべの陰謀』読了 »

2006.04.28

『蟲と眼球とチョコレートパフェ』読了

484011532x01
蟲と眼球とチョコレートパフェ』(日日日/MF文庫J)読了。

日日日作品に関しては、もはや何を言うべき言葉ももたない。作者の持つ文章のセンスと言うのは、本当に目を見張るほどに読み易く、つるつると何の抵抗も無く読めてしまうのには心底脱帽するしかない(何しろ小学生だって読んでいるくらいだ)。そして、あまりにも未熟すぎる世界観の居たたまれなさに関してもまったくいつもの通りである。

最大の問題は、日日日作品は何を読んでもいつ読んでも同じ印象しか感じられないことだな。何巻を読んでもちっとも(作者のキャラクターも)成長している感じがしない。なんと言うか、同じところをぐるぐる回っているだけで、某かのブレイクスルーがいつまでたっても見えてこないような気がする。結局、語り口の流麗さに比して、構築している理論が子供の理屈に終始している。

それは作者の若さもあるのかもしれないけど、同時にセンスだけで書いている事の弊害もあるのだろう。センスと言うのは多分に天然なわけで、そこには作者から搾り出されたものが無いように思う(そんなものが必要であるならば、だが。それを言い出すと話が終わらないので保留)。

結局、僕の価値観からすると、主人公たちの言動、行動はすべて欺瞞に過ぎないし、屁理屈に過ぎないと感じるので、その生理的な嫌悪が作品の評価を捻じ曲げている可能性は十分にあるのだが、まあ結局僕と作者の世界観が合わないというだけの話なわけで、無理に迎合することもなかろう、と思ったりもした。

なんでぐちゃぐちゃ考えながらまでして読んでいるのかといえば、やはりこの作者の才能の凄みは間違いないものがあるし、いつかきっとどえらい傑作を書いてくれるという可能性はかなり高いと思うのだ。

だけど、こーゆー癖のある理屈が無くなったら日日日は日日日じゃなくなる可能性があるので、難しいところだな。

|

« 『つばさ』読了 | トップページ | 『やみなべの陰謀』読了 »

コメント

あ、内容について書くのを忘れていた。

とりあえず、この話で一番報われないのが御貴(ヘビじゃない方)な。もう一片の同情もフォローも無く、ただただ何一つ報われない底無しの無間地獄だよなー…(歪んだ恋も自分自身も自分の居場所まですべてを奪われているもんなあ)。

多分作者は天然でやっているんだろーなー…。

投稿: 吉兆 | 2006.04.30 19:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/9754124

この記事へのトラックバック一覧です: 『蟲と眼球とチョコレートパフェ』読了:

» 蟲と眼球とチョコレートパフェ/日日日 [ラノベ365日]
蟲と眼球とチョコレートパフェ日日日 メディアファクトリー 2006-04by G-Tools 【愚龍の勤める観音逆咲高校に転校してきた黒木竜ゑ。幼なじみの貴御門御貴と再会するも彼はヘビに飲まれていた。さらに無敵の不快逆流との出会いが彼らを変えていく】 「ボク殺原蜜姫、歌って..... [続きを読む]

受信: 2006.04.30 20:43

» 蟲と眼球とチョコレートパフェ [STAIRWAY 2 HEAVEN]
日日日 蟲と眼球とチョコレートパフェ MF文庫Jの「蟲と眼球とチョコレートパフェ(著:日日日 画:三月まうす )」を読みました。  エデンの林檎の不思議な力で人知を越えた存在となった少女がいた。眼球抉子――通称グリコである。 不死身の彼女は、千余... [続きを読む]

受信: 2006.05.04 01:06

« 『つばさ』読了 | トップページ | 『やみなべの陰謀』読了 »