« 『鬼哭の剣 日向景一郎シリーズⅣ』読了 | トップページ | 『奇憶』読了 »

2006.04.18

寝ぼけ頭の戯言

ぶっちゃけた話、忙しいのである。大体、モニターとひたすらにらめっこしているせいで、頭痛もするのである。

ブログなんて更新してないで、早く寝ろよ…と自分に言い聞かせる毎日である(他人事のよーに…)。

1.『魔法先生ネギま!(14)』 赤松健 講談社
2.『スクールランブル(12)』 小林尽 講談社
3.『夏季限定トロピカルカフェ事件』 米澤穂信 創元推理文庫
4.『権現の踊り子』 町田康 講談社文庫
5.『優しい煉獄』 森岡浩之 カッパノベルス 徳間書店
6.『夜の歌 藤田和日郎短編集(1)』 藤田和日郎 小学館文庫

なんか久しぶりに書くような気がする購入報告。なんと一週間ぶりだぜ…(色々間違っている)。

・何の脈絡も無く町田康が入っていますが、自分でも何の脈絡もなく”読め”という電波を受信してしまったのでしょうがないのである。しょうがないったらしょうがないのである。とりあえず目に付いたのを買ったので、果たして作者の中でどのような位置付けの本なのかさっぱり分からないのだが、それもまた一興か。どうでも良いが。
・『ネギま』と『スクラン』はあいも変わらず高品質であるなあ。ネギまの情報量も、スクランの人物関係の処理もとんでもないものであるな。サイコー。
・米澤穂信はとりあえず買うべし。この人は、北村薫が好きな人なら面白がれるような気がするよ。
・本屋で『スクラン』の小説版が出ていた。しかし、どこにも作者名が書いていない。さらにビニールがかかっていて中身すら見えやしねえ。作者名もわからずに小説を買うなんてリスキーなことが出来るか!(でも世間ではそうでもないのかもしれん)。・・・と思ったらアニメの脚本を書いた人らしい。買わないけど。
・ネギまの限定版を見かけた。くわ!限定版など絶対に買わぬ!と良く分からない発言をしてみる。まあ、買ってもしょーがねーし…。

|

« 『鬼哭の剣 日向景一郎シリーズⅣ』読了 | トップページ | 『奇憶』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/9643973

この記事へのトラックバック一覧です: 寝ぼけ頭の戯言:

« 『鬼哭の剣 日向景一郎シリーズⅣ』読了 | トップページ | 『奇憶』読了 »