« 気が付いたこと | トップページ | カロリーが多そうだなあ… »

2006.03.07

とりあえずかもされております

石川雅之の天下がやってきたのだろーか。まだ早いか。

1.『カタリベ』 石川雅之 リイド社
2.『流れ星が消えないうちに』 橋本紡 新潮社
3.『厭魅(まじもの)の如き憑くもの』 三津田信三 原書房

『カタリベ』における自発的に行動を起こすと必ず事態を悪化させる空回り+逆噴射+不幸の見本市みたいな主人公には驚かされたのだが、それはそれとして南北朝時代における倭寇たちの時代を描いたこの作品はなんと言うか素晴らしい。基本的には史実に則っているものの、随所に溢れ出る幻想が不思議な印象を残す。どこか宮崎駿的な、神話的な印象さえ与えられる作品だ。もうベタ褒め。……で、続きは出るの?
あと橋本紡の本は、出ていると言う話は聞いていたのに見つからなかったのだが、なんと女性作家の棚にあった。…そ、そうなのか?

|

« 気が付いたこと | トップページ | カロリーが多そうだなあ… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/8991016

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえずかもされております:

« 気が付いたこと | トップページ | カロリーが多そうだなあ… »