« 花粉症の薬は本当に良く効くなあ | トップページ | 『The MANZAI(2)』読了 »

2006.03.15

『盤上の四重奏~ガールズレビュー~』読了

408600738X
盤上の四重奏~ガールズレビュー~』(友桐夏/コバルト文庫)読了。

あわわ、『カールズレビュー」の続編が出るなんて…姉さん事件です!と言うのは大袈裟にしても、明らかに続ける事を考えていなかった(ような気がする)衝撃的デビュー作から続編が出るとは意外でありました。いや、物語的にはまだまだ広がりがあったとは思うけど、続けるのは大変そうだなあと思っていたのだけど、ああなるほどこう来ましたか…。実際にどう来たのかを喋ると例によってネタバレになるためにいえませーん。あしからず。

しかし、そうすると喋ることがいきなり無くなるのだが、とりあえず相変わらず少女小説とミステリとそれ以外(ここ重要!)とのバランスの取り方が大変にクールでした。というか、少女小説的な部分すらミステリやそれ以外の部分に奉仕し、あるいはそれが逆転していたりするので、読んでいるこちらがどうあっても意識してしまうジャンルの存在をあえて逆手に取ったストーリーテリングがあまりにも巧み過ぎる…。いやー僕はてっきり青春ミステリを読んでいたつもりだったんだが…しまったこれだけでもちょっとネタバレだ。忘れてくれ。

とりあえず相変わらずとても面白かった。特に最後の数ページでそれまでの世界が反転し、さらに反転し、もういっぺんひっくり返されるあたりはもはやサプライズなどと言う言葉で語って良いものか…。ああ、ちゃんとこれは『白い花の舞い散る時間』の続編だったんだなあ…(謎発言)。

まあそう言う話でした。言っとくけど、僕は既に信者になっているので反論を受け付けないぜ!
 
 
なんかテンションがいつもと違うな…。

|

« 花粉症の薬は本当に良く効くなあ | トップページ | 『The MANZAI(2)』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/8928549

この記事へのトラックバック一覧です: 『盤上の四重奏~ガールズレビュー~』読了:

« 花粉症の薬は本当に良く効くなあ | トップページ | 『The MANZAI(2)』読了 »