« 昨日買ったもの | トップページ | 永遠につづくものなんて無いけど、それを認められない気持ちは否定出来ない »

2006.03.12

僕が好きなもの

4757726244
塵骸魔京 -ファンタスティカ・オブ・ナイン-』(海法紀光/ファミ通文庫)読了。

これは大変素晴らしい塵骸魔京ですね。ゲームから何一つ足されてもいなければ引かれてもいないと言うある意味においては完璧なノベライズ。完璧すぎて小説読んでいる気がしないのが難点と言うかなんというか。脳内からBGMが自動的に流れるし、会話部分は全部音声がついているよ!(それは病気です)

まあそれは冗談(…と言う事にしよう)なんですが、それにしてもあまりにも塵骸魔京であるのこの作品は、キャラクターの造型から物語のテーマ(文化の差異を乗り越えようともがくロミオとジュリエット)からしてもすべてが僕の好きな塵骸魔京であり、何一つ不満は感じられない僕の信者っぷりを嘲笑うがいいさ!(卑屈になりすぎです)

内容自体もとても面白かったけど、正直、自分は塵骸魔京のキャラクターの活躍が読めるだけで喜んでしまう信者なので、客観的な判断は放棄してはいる。しかしまあ、あくまでもノベライズはということであって、原作を知らないと面白くは無いだろうな、とは思う。この作家の特徴なのか、あるいはゲームのテキストを意識しているのかは分からないが、会話が主体になっていて小説としてはかなり色気の欠ける文章になっているし、場面の切り替わりがやや唐突に感じられてしまうところもある。キャラクター間の感情の流れはきちんと段階を踏まえているので、違和感を感じるほどではないのだけどねえ…。ちょっと勿体無いかな。

しかし、それでもなお、人間でありながら人間を超越してしまったヒロインと、未だ人間の側に存在する主人公が、今後どのような歩み寄りを行う事が出来るのかと言う対立と和解を描く事になるのだろう展開には、どうしようもなく惹かれてしまう自分を抑える事は出来ない。やはり、僕にとっては”ディスコミュニケーションによる断絶”と言うやつに非常に拘りがあって、それを無視することが出来ない。それを直接的に間接的に、解決の困難さを保留としながらも解決に向かわせようと言う意志があること。それこそが、僕がこの作品(ゲーム)が好きな理由なのであった。
 
 
ところで、巻末を見る限り『夜刀史朗≠海法紀光』らしいけど、作品を見る限り全然そんな気がしないなあ。文章から受ける印象とかが全然変わらないんですが。別人格ということなのかね。

|

« 昨日買ったもの | トップページ | 永遠につづくものなんて無いけど、それを認められない気持ちは否定出来ない »

コメント

なんでこれが、原作に入っていないのかがすごく疑問だ。
俺の脳髄では、音声付で再生されているぜ(さすがに病気だ)。

投稿: 背徳志願 | 2006.03.14 07:14

オリジナルストーリーでノベライズ(というのか…)と言うのは実に珍しい展開ですねえ。まあゲームを作るのは時間も労力も半端じゃなくかかるので(別に小説が楽だというわけじゃないけど)、こういう展開もありっちゃありかと。

個人的にはオリジナルが読めてそれなりには満足しております。

投稿: 吉兆 | 2006.03.14 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/8899711

この記事へのトラックバック一覧です: 僕が好きなもの:

« 昨日買ったもの | トップページ | 永遠につづくものなんて無いけど、それを認められない気持ちは否定出来ない »