« まっとうなんだけど少し視点をずらしているあたりが好み | トップページ | 本当に、タイトルだけは何とかならないものかな »

2006.02.22

カタルシスは葛藤から生まれるってことかな

4840233012
哀しみキメラ』(来楽雫/電撃文庫)読了。

大体ファーストインプレッションで書いたとおり。本来人間でありながら”食うもの”となってしまった少年少女(と言うには歳をとっているが)たちが選んだそれぞれの選択を描くと言うストーリーは極めて骨太であると思う。人外となった悲しみと、お互いが唯一の同じ種類の存在となった仲間たちのはかなくも悲しい友情とか極めて野心的というか高度な事をやろうとしているように思う。ただ、惜しむらくは(火目の巫女と同様)彼らの、および世界との関係を描写する場面が、エピソードが決定的に足りないように感じた。結局、主人公たちがお互いに関係を深めていく描写もすっ飛ばしているし、人外としてのエピソードも足りていない。そのため後半の追い詰められ方がヌルく感じてしまった。主人公たちの葛藤が足りない(あるいは葛藤するだけの土台が足りていない)のが原因ではないかと思う。しかし、やりたい事自体は極めて意欲的で妥協が無いので、そのうちすごいものを書いてくれるという期待感は受賞作の中ではもっとも高いと言う意見は変わらない。今後に期待。

|

« まっとうなんだけど少し視点をずらしているあたりが好み | トップページ | 本当に、タイトルだけは何とかならないものかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/8605702

この記事へのトラックバック一覧です: カタルシスは葛藤から生まれるってことかな:

» 哀しみキメラ [ライトノベルっていいね]
哀しみキメラ 著者 来楽零 イラスト 柳原澪 レーベル 電撃文庫  救いのないライトノベルって読後、気分が下がるよね。  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします [続きを読む]

受信: 2006.02.27 15:30

« まっとうなんだけど少し視点をずらしているあたりが好み | トップページ | 本当に、タイトルだけは何とかならないものかな »