« ついに地獄の季節がやって来た… | トップページ | 生きる事は受け入れる事に通じる »

2006.02.23

なんだこの胸の中のもやもやは…

4840233020
狼と香辛料』(支倉凍砂/電撃文庫)読了。

例によってファーストインプレッションで書いたとおり。中世ヨーロッパ(風の異世界)をかなり本気で描いたライトノベルとしてこれは希少価値があるような気がする(名前の読み方とかね)。特に作品世界の風俗や文化、そして作品の肝である経済の描き方が大変丁寧で良いと思う。その結果、非常に地に足の付いた描写と相まって主人公たちの日常がとても魅力的なものになっているように感じられた。というかですね、ヒロインであるホロですよホロが大変魅力的というかむしろ今僕は”萌え”という感情を完璧に理解したと言うかドキがムネムネするんですが一体どうしたら良いんでしょうか(ちょっと落ち着け)。

|

« ついに地獄の季節がやって来た… | トップページ | 生きる事は受け入れる事に通じる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/8697251

この記事へのトラックバック一覧です: なんだこの胸の中のもやもやは…:

» 狼と香辛料/支倉凍砂 [ラノベ365日]
狼と香辛料支倉 凍砂 メディアワークス 2006-02by G-Tools 【行商人のロレンスが、ある晩に出会った美しい少女。彼女は自分がこの地方に伝わる豊作の神、賢狼ホロだと名乗った。麦と銀貨、狼と商人の物語】 ご覧ください、お客さま 麦に宿ると伝えられる豊穣の神・賢狼ホ..... [続きを読む]

受信: 2006.02.25 16:57

» 狼と香辛料 [STAIRWAY 2 HEAVEN]
支倉 凍砂 狼と香辛料 電撃文庫の「狼と香辛料(著:支倉凍砂 画:文倉十 )」を読みました! 行商人ロレンスは、麦の束に埋もれ馬車の荷台で眠る少女を見つける。少女は狼の耳と尻尾を有した 美しい娘で、自らを豊作を司る神ホロと名乗った。   「わっちは... [続きを読む]

受信: 2006.02.25 18:12

« ついに地獄の季節がやって来た… | トップページ | 生きる事は受け入れる事に通じる »