« …主人公って完全に蚊帳の外だったような… | トップページ | 良い事か悪い事か、それは当事者以外が決める事じゃない »

2006.02.14

西尾維新チルドレンの精髄

はい、また脊髄反射的に何にも考えないでタイトルを決めていますよこの人(他人事のよーに…)。

1.『僕と魔女式アポカリプス』 水瀬葉月 電撃文庫

例によって突如として鬱々とした気持ちになったので、気分を無理矢理変えるために買ってみた。こう言う時の処方箋は、ひたすら無惨で軽薄でハイテンションなやつが良いのでちょうど本屋に置いてあって助かった。まさに天の助け。
内容は普通である事を嫌悪する主人公が、非日常に巻き込まれるのだけど、一度巻き込まれた非日常はいつしか常態となり、ついには普通となった非日常の中で生きていかなければならない。その命を賭けて、って感じか。えーと…終り無き日常を生きろ?違うか。でも、なんかやたらと僕好みの軽佻浮薄で残酷無惨な話で大変に楽しかったなあ。

|

« …主人公って完全に蚊帳の外だったような… | トップページ | 良い事か悪い事か、それは当事者以外が決める事じゃない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/8662645

この記事へのトラックバック一覧です: 西尾維新チルドレンの精髄:

« …主人公って完全に蚊帳の外だったような… | トップページ | 良い事か悪い事か、それは当事者以外が決める事じゃない »