« カタルシスは葛藤から生まれるってことかな | トップページ | ついに地獄の季節がやって来た… »

2006.02.22

本当に、タイトルだけは何とかならないものかな

4840233004
お留守バンシー』(小河正岳/電撃文庫)読了。

これまたファーストインプレッションに書いたとおり。とにかく小説が上手い。そして面白い。非常に計算され尽くした作風の持ち主で、冒頭で何気なくおかれてた伏線が後半で明らかになったり(バンシーの間違った言い伝えとか)実に作品に無駄が無い。キャラクターについても不要な存在がいないというぐらいに計算された造型がされていて、きちんと収まるべきところに物語を納めたあたりの手腕は非凡の一言と言える。ほとんどライトノベルのお手本テキストを読んでいるような気がしてくる。その分尖がった部分はあんまり無いけど、少なくとも新人でこんな粗の無い作品が出てきてしまったところは大したものだと思った。ただこの先、この作家がどんな作品を書くのかと言う事についてはあんまり驚きは無さそうだ。少なくともこのレベルの作品は書いてくれるだろうし、それで十分と言う気もする。続きは勿論買いますよ。

|

« カタルシスは葛藤から生まれるってことかな | トップページ | ついに地獄の季節がやって来た… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/8605696

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に、タイトルだけは何とかならないものかな:

« カタルシスは葛藤から生まれるってことかな | トップページ | ついに地獄の季節がやって来た… »