« 技術とはまた別のもの | トップページ | 凄い事を凄くないようにやるのが本当に凄い事なんだ…と思う »

2006.02.18

でもこれってヒューマンドラマって言うのかなあ…

4086302764
戦う司書と雷の愚者』(山形石雄/スーパーダッシュ文庫)読了。とても面白かった。

どうやらこの作者は、”肉”として扱われ人間性の剥奪された主人公が、人間としての生を生きようと足掻く話を描こうとしているようで、その意味では前巻の内容とまったく変わっていないのだが、しかし、その人間性を取り戻そうと言う行為は誰もが抱える”何者かになりたい”という欲求と言うか感情を明確に揺さぶってくれたように思った。今よりもっとマシな存在になりたいっつーか、まあそんな感じの気持ちだ。

失われた人間性の回復と言うのは非常に正統な物語であって、一見奇を衒ったかに見える世界観に反して、物語そのものを非常にシンプルで分かりやすく力強いあたりに真面目な作家なんだなーと思った。数多くのエピソードを一つのテーマにそろえて収束させる手腕といい、人数が多いわりに全然混乱をきたさない処理の仕方といいとにかく上手いとしか言いようがないですね。とくに前作で爆死したルイモンの見せ方なんて最高だよなー(ほんの一言二言しか喋らないのにかっこええ)。またレーリアの登場も嬉しかった。こいつ、実は裏主人公じゃね?作品内における”人間の気高さ”を一人で体現している感じがするぐらいで、もしかしたら今後も準レギュラーみたいな扱いになるんじゃろうか(既に爆死しているけどな。それにしても主要人物に死人の多い小説だ)。ハミュッツの最凶ぶりも最高だった。

なんか褒めちぎっていますけど貶す部分が思いつきませんので終了。個人的にはけっこう珍しいかも。

|

« 技術とはまた別のもの | トップページ | 凄い事を凄くないようにやるのが本当に凄い事なんだ…と思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/8385839

この記事へのトラックバック一覧です: でもこれってヒューマンドラマって言うのかなあ…:

« 技術とはまた別のもの | トップページ | 凄い事を凄くないようにやるのが本当に凄い事なんだ…と思う »