« 電撃大賞ファーストインプレッション | トップページ | 西尾維新チルドレンの精髄 »

2006.02.13

…主人公って完全に蚊帳の外だったような…

4840114900
レスキューウイングス ファイナルシーカー』(小川一水/MF文庫J)読了。

ん?…なんかよくわからないなこれ。

要するに自衛隊レスキュー隊を舞台にしたドラマなんだけど、一体何をやろうとしたのか、僕にはよく読み取れなかった。結局、主人公にとってこの事件はなんだったんでしょーか…。

そもそも幽霊の少女の存在がすっきりしないんだよなー。主人公に取り憑いて、誰かを『助ける』と言うことにのみ執着をする少女なんだけど、それが主人公にとってどう言う存在なのか、ってことがはっきりと分からなくて気持ち悪く感じてしまった。畜生、読解力ねーなー俺。

主人公自身は彼女の存在に対して、その能力を借りてレスキューをしている事に対して引け目とコンプレックスを感じているんだけど、てっきりそのコンプレックスが軸になるのかと思ったら、実は幽霊少女の”執着”そのものがクローズアップされていって、最終的に(ネタバレなんで反転)少女が成仏すると言うことが最終的なクライマックスになっていると言うのはなんかよくわかんねえ…。これだと主人公がそれまで悩んでいた事が全然ラストに反映されていないような気がするんだけど。

そんなことに引っかかっていたので、最後を読んでも唐突に感動的なイベントを持って来ました、と言うような印象を受けてしまった。うーん、僕が理解出来ていないだけで、何かすっきりした読み方があるのかなあ…。

そう言うわけで、なんだか納得の行かない読書でした。感想終り。

|

« 電撃大賞ファーストインプレッション | トップページ | 西尾維新チルドレンの精髄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/8282649

この記事へのトラックバック一覧です: …主人公って完全に蚊帳の外だったような…:

« 電撃大賞ファーストインプレッション | トップページ | 西尾維新チルドレンの精髄 »