« はーまったりまったり | トップページ | 10万HIT »

2006.02.25

おっさん祭の開催

4840233101
奇蹟の表現Ⅲ 竜<ドラゴン>』(結城充孝/電撃文庫)読了。

相変わらず面白いのだが、読んでいる時に電撃文庫を読んでいる気が全然しないのは一体どう言うわけなのか。出て来る登場人物がおっさんばかりでたまに若いのが出てきたと思ったらマッチョな女刑事だし、つくづく電撃文庫的なサービスが足りないことおびただしい。なんと今回の新登場人物は女刑事の一時的な相棒となった汚職刑事しかいないという徹底ぶり。うむ、そのサービスは正しいぞたぶん。ところで、かつて失ったものを取り戻そうと足掻く主人公の姿はなかなかに正統派なヒーローのようで格好良いと思う。この作品の良い所は、それぞれの傷を抱えた登場人物たちがそれぞれに傷を克服しようと言う”足掻き”をきちんと描いているところなのだろうね。あと内容は全然関係ないけど、ちょっと文章が荒れていたような気がした。荒れた、と言うよりは変わった、のかな?もともと丁寧な文章なだけに、変化が少し気になった(『…』の多用とか)。もともとこんな文章だったっけ?

|

« はーまったりまったり | トップページ | 10万HIT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/8605712

この記事へのトラックバック一覧です: おっさん祭の開催:

« はーまったりまったり | トップページ | 10万HIT »