« 中二的妄想を格調高く謳い上げたファンタジー | トップページ | カタルシスは葛藤から生まれるってことかな »

2006.02.22

まっとうなんだけど少し視点をずらしているあたりが好み

4840233039
火目の巫女』(杉井光/電撃文庫)読了。

ファーストインプレッションで書いたので既に対して書く事は無いのだけど、とりあえずなかなか面白かったと言う事は述べておきたい。ただ、3人のヒロインが一つのところに集まり、彼女達の交流が前半のもっとも重要な部分であり、この部分をきちんと描写をする事で後半の展開が生きて来るはずなのだが、やや描写が、エピソードが足りないように感じてしまったのは残念だと思った。ヒロインたちの結びつき明らかでないため、後半の展開にきちんと結びついてい無い感じがするのだよな…。でも、なかなか可愛らしくも一生懸命な主人公を始め、犠牲を払う事がシステムを運営する事と分かちがたく結びついている事、単純な成長物語にしないところなどが好みだった。続きが出たら買います。

|

« 中二的妄想を格調高く謳い上げたファンタジー | トップページ | カタルシスは葛藤から生まれるってことかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/8605689

この記事へのトラックバック一覧です: まっとうなんだけど少し視点をずらしているあたりが好み:

» 火目の巫女 [ライトノベルっていいね]
火目の巫女 著者 杉井光 イラスト かわぎしけいたろう レーベル 電撃文庫  電撃小説大賞のレベルの低下がちょっと心配。  人気blogランキングへ ← よろしくお願いしま [続きを読む]

受信: 2006.02.25 16:02

« 中二的妄想を格調高く謳い上げたファンタジー | トップページ | カタルシスは葛藤から生まれるってことかな »