« でもこれってヒューマンドラマって言うのかなあ… | トップページ | 『ライトノベル読みに本当に聞いてみたい10の質問』 »

2006.02.18

凄い事を凄くないようにやるのが本当に凄い事なんだ…と思う

4044707057
タマラセ ボンクラたちのララバイ』(六塚光/角川スニーカー文庫)読了。

外伝というか短編集らしく肩の力が抜けた実にバカバカしい感じが良いですねえ。作品が持っている不条理なドタバタが全面に出ているので、本編でいささか殺伐とシリアスに傾きつつある傾向を(読者の視点における)バランスをもう一度不条理側に引き戻しているような感じがある。本編の軽い息抜きとしては良いタイミングだったように思う。まさか見計らっていたのか…?などと言う事はどうでもいいことですね。

それにしても本編の方が急展開をしているため、この短編集を読んでいたら随分懐かしい感じがしてしまった。いまさらコルシカ忍者の話なんてやられてもなあ…。雑誌は読んでいないのでそんな疑問ははるか彼方だったよ。つかお前誰だよ(酷い!?)。ライトノベルの速度を速さを実感してしまった。

大体においてしょうもなくも不条理なユーモアを振りまくシチュエーションコメディとばっさばっさの死人が出まくるギャップとか、けっこうすごいことをやっているような気がするのに、全然そんな風に見せない作者の奥ゆかしさとかも良い感じだ。そういう押し付けがましくないところは美点だと思います。

まあ大体そんな感じ。

|

« でもこれってヒューマンドラマって言うのかなあ… | トップページ | 『ライトノベル読みに本当に聞いてみたい10の質問』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/8457534

この記事へのトラックバック一覧です: 凄い事を凄くないようにやるのが本当に凄い事なんだ…と思う:

» タマラセ [ライトノベルっていいね]
タマラセ ボンクラたちのララバイ 著者 六塚光 イラスト 日向悠二 レーベル 角川スニーカー文庫  それぞれの作品が雑誌に載ったときは、舞台がタイムリー  だけど短編集 [続きを読む]

受信: 2006.02.20 15:11

« でもこれってヒューマンドラマって言うのかなあ… | トップページ | 『ライトノベル読みに本当に聞いてみたい10の質問』 »