« またやってしまった… | トップページ | ライトノベル青春小説と言って良いのかもしれない »

2006.02.26

アニメ『Fate/stay night』について

大分反応が遅れたが、アニメ版『Fate/stay night』についてちょっとだけ。

原作至上主義者である自分としては、今回のアニメ化については何一つ、まさしく卵の欠片ほどの期待もしていなかったのだけど、実際に視聴しした結果、考えを改めるに至った。

要するに、これは極めて誠実に”奈須きのこをアニメ化”した作品なんですね。奈須きのこ作品が持っている過剰で高密度の世界を忠実にアニメにした結果、メインヒロインが登場するのが2話目になったり、15分ぐらい世界説明を語りに語り倒したり、アクションをやっている時間より飯を食っている時間の方が長かったり、そもそも会話をしているだけのシーンが多い上にそっちの方が面白かったりと普通のアニメ的には無茶苦茶なんですが、しかし、そもそも原作自体がそう言う話なんだからしょうがない。

そのようなバランスの悪い部分、だがしかし、その部分を除いてしまっては普通の作品に堕してしまう奈須きのこ成分をきちんと抽出しているあたりに作り手達の本気を感じた。このままいけば、”奈須きのこアニメ”としてはもしかすると素晴らしいものが出来るような気がする。まあ、一般的な意味ではとんでもない作品になりそうだけど(ファン以外の人が観て面白いのだろうか、これ)。

あと、本気で取り組むのは良いと思うけど、そもそも原作を(合理的に無理が無いように、かつ原作のテーマを失わないように)改変するだけでも一苦労だと思われるので、このまま続くのかどうか実に心配だなあ…。

|

« またやってしまった… | トップページ | ライトノベル青春小説と言って良いのかもしれない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/8851733

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ『Fate/stay night』について:

« またやってしまった… | トップページ | ライトノベル青春小説と言って良いのかもしれない »