« アニメ『Fate/stay night』について | トップページ | もうこのシリーズはケチをつけるような感想が出来ねえよ。 »

2006.02.27

ライトノベル青春小説と言って良いのかもしれない

4829163410
遠く6マイルの彼女』(ヤマグチノボル/富士見ミステリー文庫)読了。

まず、いつものヤマグチノボルとは異なった文体に驚く。この人はこんなナイーブな文章を書く事が出来たのか!というぐらいに内省的でデリケートなもので、良い意味で期待を裏切られたと言ってよいのだが、その後、死んだ兄に対するコンプレックスに支配されている主人公が、そのコンプレックスを克服するために方法として、「兄貴よりもいい女を彼女にする」と異次元の思考を始めて、まあいつも通りのヤマグチノボルだなあと安心した。

とは言え、全体的に見てやはり今までのヤマグチノボルとは違った、焦燥感と劣等感に満ちたドロドロとした暗い感情が根底に残されていて、それに作者の持つ”成長と克服”への志向が上手く組み合わされて、とても頭の良い作品になっているのは見事だ。これは、”少年”が”大人”に脱皮する話であり、同時に青春の挫折の話であり、諦めるまで話なのだ。

この作品を読んで、ようやくヤマグチノボルの方向性が分かってきたように思う。おそらく、この人は作品に自分を反映させるには”照れ”が大きく、頭が良すぎるのだろう。いつもならば”萌え”に特化させた記号的なキャラクターとラブコメフォーマットに忠実なテキストによって隠蔽されているとても純朴な少年の憧れ、劣等感、焦燥感が、この作品は連載という形式を取ったためか、ダイレクトに表に出てきているように感じた。

以前、僕はヤマグチノボルは少年マンガ的な感覚を大事にしている人なのではないかと推測したが、今回はやや方向修正の必要を感じる。それに加えて、少年が少年である時代の成長へのもがきを描いたジュブナイル作家として、おそらくヤマグチノボルを評価すべきなのだろう。

|

« アニメ『Fate/stay night』について | トップページ | もうこのシリーズはケチをつけるような感想が出来ねえよ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/8697265

この記事へのトラックバック一覧です: ライトノベル青春小説と言って良いのかもしれない:

« アニメ『Fate/stay night』について | トップページ | もうこのシリーズはケチをつけるような感想が出来ねえよ。 »