« ネタを思いつく端から忘れてしまう | トップページ | 早く宿題を終わらせたい(本の感想が溜まり過ぎ) »

2006.01.18

ヤマグチノボルのセンスは少年マンガの世界に酷似している

4829117850
サンタ・クラリス・クライシス』(ヤマグチノボル/富士見ファンタジア文庫)を読んだ。

まあやっていることはいつも通りのヤマグチノボル。世間知らずのお嬢様の無表情系のしかし実は気が強い隠れツンデレという属性てんこもりなヒロインが空から落ちてくるという典型も極めれば立派なものだというしかない設定ですが、実はラブコメに見えながら主人公の成長物語であるという、まあひねりと言うほどじゃないんですがアクセントとして面白くなっている。まあ属性てんこもりと書いたヒロインのキャラクターの見せ方が非常に上手くて萌えーとした感じでいいんじゃねーの(投げやり)。そのあたりの素直になれなさっぷりを楽しむ作品としても読んでもいいと思ったけど、主人公の失恋と成長を描いている部分にヤマグチノボルの実は少年のロマンティズム好きな一面が出ているんじゃないかと思ったが、正直この作者の主義主張が良くわからないので保留。まあどうでもいいっちゃどうでもいい。何にも考えずに読めて楽しいことには間違い無いしな。ただし知能が下がりそうなくらいに(良い意味でも悪い意味でも)頭の悪い作品なので、使い方を間違えるともたれる可能性があるので注意が必要だ。ま、個人的には他人には進めないけど、ヒロインに萌え萌えしたい人は読むがよろし。

以上。

|

« ネタを思いつく端から忘れてしまう | トップページ | 早く宿題を終わらせたい(本の感想が溜まり過ぎ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/7795614

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマグチノボルのセンスは少年マンガの世界に酷似している:

» サンタ・クラリス・クライシス/ヤマグチノボル [ラノベ365日]
『サンタ・クラリス・クライシス』 ヤマグチ ノボル 富士見ファンタジア文庫 【巨大ペンギンが引くソリでやってきたサンタ見習いの金髪美少女クラリス。ひょんなことで浩二と同居することになった彼女は、一宿一飯の恩義から浩二の恋愛を成就させようとするが・・・】 ..... [続きを読む]

受信: 2006.01.23 01:25

» サンタ・クラリス・クライシス [ライトノベルっていいね]
著者 ヤマグチノボル イラスト 並木太希 レーベル 富士見ファンタジア文庫  季節イベントがテーマの作品って発売したときはともかく  時期を外すとなんとなく痛いね。   [続きを読む]

受信: 2006.02.05 15:32

« ネタを思いつく端から忘れてしまう | トップページ | 早く宿題を終わらせたい(本の感想が溜まり過ぎ) »