« うわあ!びっくりした! | トップページ | 田中芳樹のヒロインは無敵すぎる。だがそこがいい。 »

2006.01.28

「表現」というものへの圧倒的な取り組み

4309407587
インストール』(綿矢りさ/河出文庫)を読んだ。

この人はデビュー当初から持ち上げられすぎていて、また最年少で芥川賞を受賞などと話題性も十分だったためもあって、逆に、いかにも現代の若者文化をそれっぽくブンガクにしただけなんだろーとかひねくれた印象を抱いていて、ついつい遠ざけてしまっていたのだが、今回、一念発起して読んでみた。やっぱり読まないで判断を下していてはいけないな、と。

で、結論は…やっぱり食わず嫌いはするもんじゃ無いってことを実感しましたね。大変に面白かったですよ。

解説の高橋源一郎は綿矢りさに対する思い入れが強すぎて筆が滑っている印象があるけど、概ねそのとおり。本来であれば句読点を打つべきタイミングではないのに句読点を入れる、改行もほとんど無い文章には驚いたけど、これがかなり良い。と言うか素晴らしい。主人公の心の動き、機微のタイミングの表し方に嘘が無いとでも言うのか、主人公が日々の日常で感じだ無力感と焦燥感が、ダイレクトに、かつ、ストレートに表出していて、それが非常に個性的な表現で描かれているのが凄く面白いと思った。たぶん、これはセンスだけで書いていると思うので、今後、同じように面白いものが書けるのかどうかは分からないけど、とにかくこの一作に限っては、綿矢りさの「表現」をする力の圧倒的な正しさを認識した。

最近話題の「ブンガク」と言うやつをもっと積極的に読んで見なくては…と思いました。

|

« うわあ!びっくりした! | トップページ | 田中芳樹のヒロインは無敵すぎる。だがそこがいい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/7879744

この記事へのトラックバック一覧です: 「表現」というものへの圧倒的な取り組み:

« うわあ!びっくりした! | トップページ | 田中芳樹のヒロインは無敵すぎる。だがそこがいい。 »