« エウレカセブンが素晴らしすぎる点について | トップページ | 強いは正義(はあと) »

2006.01.09

始まりは一つの絶望

026191650000026284320000
神栖麗奈は此処にいる』『神栖麗奈は此処に散る』(御影瑛路/電撃文庫)を読んだ。うーん、作者名を一発変換出来るうちのマシンは優秀だなあ(心底どうでもいい)。

ああ、これはなかなかちょうど良く分かり難くて良いのではないでしょうか。と言うわけで前作の”衝撃の”と言う形容詞とは関係なく、ふつーに面白い作品を書きそうな作家の二作目、三作目であります。うかうかとしている内に三作目までちゃったので、ついでなので両方併せての感想です。

前作はミステリーとして書かれていたが、今回はミステリ的なものから離れて、よりジュブナイル的な青春悲劇となっています。『神栖麗奈は此処にいる』においては、”神栖麗奈”と呼ばれる”親友”を巡って生まれるいくつもの悲劇を描き、最終的に”神栖麗奈”とは一体なんなのかと描いている。『神栖麗奈は此処に散る』においては、そのそも”神栖麗奈”が生まれるきっかけ(すなわち神栖麗奈の死)を巡る物語になっている。

これはそれぞれが密接に関係はしているものの、物語的にはむしろ切り離されている。続編と言うよりも姉妹作といった方が良いのかな(姉妹作…言っていてなんだが凄くしっくりくるなあ…内容的にも)。

どちらも不安定な時期における死への希求を扱った作品になっている。一人の少女の想念が、あるいは悪意、あるいは怒りが周囲に伝播していく様を描き、今此処にある現実からの逃避を促す存在として、それを肯定する神栖麗奈いる。

神栖麗奈をめぐり、多くの人間が自分自身の弱さに直面し、そしてほとんどの人間が敗れ去っていく。それは作者自身の意図と言うものが見え隠れするが、結局は、不安定な時にはすがるものが必要であり、それによって人間は容易く揺り動かされると言う事を描いているのだろう。現時点での作者は、現実よりも幻想を肯定する側面に傾いているけれども、それ自体は悪い事でもなんでもない。むしろ、その弱さを押し隠そうとする歪みが、これら事件の発端となっている、と言う事をなのだろうな。

それは、僕にとっては非常に納得の行くものであり、それならば人間はどのように生きていくべきなのか?というところが問題になるのだろうけど、今回の作品では語られていない。ただ、作者がこのようなテーマを描き続けるとするならば、その部分にも触れることになるのかも知れない。

この作家は、今どき珍しいくらいに自分の書く物語の”テーマ”を持っていると思う。こう言う題材に拘っているのって…電撃文庫は上遠野浩平以来かもしれない(いわゆる”青春”ってやつか。…ちょっと恥ずかしいなあ…と思う気持ちが恥ずかしいのだ!たぶん)。このあたりのテーマを突き詰めていけば、もっと凄いものを書いてくれそうな気がするので、個人的には応援していきたいと思う。

|

« エウレカセブンが素晴らしすぎる点について | トップページ | 強いは正義(はあと) »

コメント

ああ、オレも僕らはどこにも~からのファンだ。
個性的でそこそこ読ませる文章の書き手として評価してる。
~散るより前に読まないとならない本がたまっているので、こっちは後回しにしておりますが、やっぱり神栖麗奈強いか…。

まあ、後回しだな。

投稿: 背徳志願 | 2006.01.09 22:40

珍しく師匠と意見が合いますな。まあ、荒削りな事は確かなんですが、これからなにかを書いてくれそうな感じがしますね。
 
 
あ、僕の絶対買わないタイプの本の感想、楽しみにしています。

投稿: 吉兆 | 2006.01.10 20:46

なんだ。
最近の流行っぽくいうと、ライトノベル業界って、囚人のトラウマとか合理的な豚みたいにある程度、均衡してしまっている状態に近いからさ。
その辺、あえて外してみることでいろいろと状況を解析してみようという志があるのですよ。
きっと。

投稿: 背徳志願 | 2006.01.10 21:25

どうでもいいが”衝撃の”ときたら真っ先にアルベルトが連想される私ってば、かなり終わってる?

投稿: 背徳志願 | 2006.01.10 23:37

合理的な豚ってそんな話だっけ…。まあ僕も良く分かってないけど。つか、そんな事を考えながら本を読むとは…暇だなあ。

>”衝撃の”ときたら真っ先にアルベルトが連想される私ってば、かなり終わってる?

まあファーストブリッドよりはマシでしょう。比較の問題じゃないけど。

投稿: 吉兆 | 2006.01.11 22:28

うむ。なんていうか某ファウストとかアクの強い編集者いるみたいだからマーケティング的に分析してみるとか。そんな感じ。

投稿: 背徳志願 | 2006.01.17 00:00

いやー…それだったら駄目じゃない本も読まないといけないのではー…。駄目な本ばかり読んでいては、データが偏りますがな。

投稿: 吉兆 | 2006.01.17 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/7666399

この記事へのトラックバック一覧です: 始まりは一つの絶望:

» 神栖麗奈は此処にいる・散る/御影瑛路 [ラノベ365日]
『神栖麗奈は此処にいる』 御影 瑛路 電撃文庫 『神栖麗奈は此処に散る』 御影 瑛路 電撃文庫 【自分の人生や境遇に苦悩や絶望する者の前に現れ、死へと誘う"現象"・神栖麗奈。美しく微笑む彼女に魅入られた少年少女たちの苦慮の果てにある結末は】 孤独や苦悩を抱..... [続きを読む]

受信: 2006.01.23 01:12

« エウレカセブンが素晴らしすぎる点について | トップページ | 強いは正義(はあと) »