« 狂っているのはお前か俺か | トップページ | 始まりは一つの絶望 »

2006.01.09

エウレカセブンが素晴らしすぎる点について

や、安いなあ…。デューイの悪党っぷりが実に安くて小物で、それゆえに性質が悪くてたまりません。こう言う頭が悪くて分かり易い事を言えば言うほどに政治的なリアリティを増すと言う事を良く分かっていらっしゃる。あまりにもグロテスクな三流茶番には、その裏腹の説得力が素晴らしかったです。思うに悪党のアジテートアニメとしてはギレン・ザビの演説があまりにも有名ですが、エウレカセブンはその歴史に新たな一ページを付け加えたかな、と。単に演説だけじゃなくて、大衆の反応や映像的な演出、しかも終りの締めまで見事にアジテートを行っているのが画期的でした。すばらしい。

念のため言っておきますが、心の底から褒めています。

|

« 狂っているのはお前か俺か | トップページ | 始まりは一つの絶望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/8073816

この記事へのトラックバック一覧です: エウレカセブンが素晴らしすぎる点について:

« 狂っているのはお前か俺か | トップページ | 始まりは一つの絶望 »