« 意識が時おり断絶するような日々 | トップページ | 見えそうで見えない日本的エロス »

2006.01.07

ライトノベル的なお約束の高度な結実

4829163313
さよならトロイメライ(5) ノエル・アンサンブル』(壱乗寺かるた/富士見ミステリー文庫)を読んだ。タイトルに意味は無い。なんか「読了」と言うのに飽きただけです。

しかし、エロい表紙だなあ、と(最初からそれか)。時節柄クリスマスを意識しているんでしょうが、こんなサンタさんはいねー。絶対いねー。

そんなことはどうでも良いんですが、ようやく主人公の出生の秘密が明らかにされて、彼自身の物語が始まってきたのかなと言う印象ですね。しかし、この主人公の脳内は早とちりと空回りで構成されているらしくて、あっちこっち走り周り空回りで全然話がすすまない。ただ、この話が進まない理由の一つとして、そもそもこの作品は異常に登場人物たちが多い上に、それぞれが独自の思惑をもち、しかもその思惑が明らかにされない(あるいは分かり難い)ために、それぞれが勝手に主人公を助けたり、妨害したりするので、主人公の全然預かり知らぬところで(主人公のために)バトルが繰り広げられたり、主人公に関係の無いところで(主人公を巡る)駆け引きが行われたりと、まったく主人公が物語に関われない、あるいは排除されているためではないかと思う。

ヒロインは可愛いし、男たちは格好良いのだけど、そう言うところがなんと言うか不思議と言うか、あまりに類を見ないライトノベルのような気がしました。

|

« 意識が時おり断絶するような日々 | トップページ | 見えそうで見えない日本的エロス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/7592554

この記事へのトラックバック一覧です: ライトノベル的なお約束の高度な結実:

« 意識が時おり断絶するような日々 | トップページ | 見えそうで見えない日本的エロス »