« 「表現」というものへの圧倒的な取り組み | トップページ | 男も女もたらしこむ魔性の男?女?(主人公のことです) »

2006.01.29

田中芳樹のヒロインは無敵すぎる。だがそこがいい。

4087804305
キングコング』(田中芳樹/集英社)を読了。

事前情報がまったく無かったもので、本屋で見かけてた時は何事かと思った。なんでキングコングのリメイクのノベライズなんてやっているんだろう、と不思議でしょうが無かったけど、読んでみて納得。そうか、これは秘境冒険物にして怪獣小説だったのか。それなら田中芳樹の得意分野だな、確かに。

内容については、しかし、まあこんなものかなあ。前半の、金剛(キングコング)を捜し求めるパートは、田中芳樹の筆が思う存分に乗っていてなかなか面白いのだけど(特に鄭和の大航海に触れるあたりなんか楽しそうだなあ。伝奇的大法螺とハッタリが満載だ)、キングコングのヨーロッパに来てからがなあ…すげー適当。ろくに暴れることもなく、あっさりと終わってしまう。なんだそりゃ!怪獣小説じゃなかったのかこれは!怪獣小説ならば圧倒的な暴力と破壊を描かなきゃだめだろーが!と思ったけど、多分田中芳樹が書きたかったのはロストワールド的な秘境冒険ものであり、あまり暴れるだけの小説には興味がなかったんだろうな。しょうがない。そもそも、田中芳樹がちゃんと小説を書いているだけでもよしとしよう。

それはともかく、ヒロインのイケイケぶりと言うか、すさまじいたくましさがいかにも田中芳樹的なヒロインになっていてすげー笑った。なんだこりゃ!原作はちゃんと読んでいないけど、絶対に原作通りじゃねーな、これ…。あまりにもたくましすぎて、主人公たちが助ける前にあらゆる苦難を自力で乗り越えているよ!

主人公たち、いらねー。全然いらねー。

|

« 「表現」というものへの圧倒的な取り組み | トップページ | 男も女もたらしこむ魔性の男?女?(主人公のことです) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/7910112

この記事へのトラックバック一覧です: 田中芳樹のヒロインは無敵すぎる。だがそこがいい。:

« 「表現」というものへの圧倒的な取り組み | トップページ | 男も女もたらしこむ魔性の男?女?(主人公のことです) »