« なんで本屋はバーゲンをやんないんだよ | トップページ | 『座敷童にできるコト(3)』読了 »

2006.01.02

『春待ちの姫君たち』読了

4086007029
春待ちの姫君たち』(友桐夏/コバルト文庫)を読了。

『白い花の舞い散る時間』で大方の読者の度肝を抜いた作家のデビュー二作目ですね。あんな作品がコバルト文庫で出たと言う事がまず事件だったわけですが、この作品を読んで、どうやらこの作者は一発屋ではなかったことがわかって一安心。というか意外と堅実な作風の持ち主のような気がしてきた。

例によって最初は普通の少女小説のような印象から始まるけど、段々と「あれ?」と言う違和感を与えながら、しかし、最初はその謎を明らかにされる事無くあっさりと終わったように見える。だが、舞台が変わって新たな人物が配されるやまたしても違和感、不信感を感じはじめ、色々と予想をさせながらも結局は僅かに予想を交わして物語は決着する。

まさしくこれは一作目で見せた”少女小説”と”ミステリ”の良質な融合であり、また”それ以外の何か”が含まれた不思議な作風であるように思った。

ミステリである事と、少女小説であることがまったく相反していないと言うところでこの作者の重要なところであり、ミステリとしての謎と少女たちの葛藤の結びつけ方が抜群に上手い作家だと思う。多分、ライトノベル全体(コバルト文庫をライトノベルの中に含めるならばだが)を見ても、これほどのレベルで実現している人はいないんじゃないかと思う。

何はともあれ、今後の活躍が楽しみであり、名前だけで買う作家が増えたなあ。

|

« なんで本屋はバーゲンをやんないんだよ | トップページ | 『座敷童にできるコト(3)』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/7543885

この記事へのトラックバック一覧です: 『春待ちの姫君たち』読了:

« なんで本屋はバーゲンをやんないんだよ | トップページ | 『座敷童にできるコト(3)』読了 »