« オブ・ザ・イヤー…まあ色々 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2006.01.01

『つきのふね』読了

404379102X
つきのふね』(森絵都/角川文庫)を読了した。

いいな、この本。これはとても良い本だよ。

これはどうしようもなく生きることに困難を抱えている人たちが、その困難さを抱え込んだままで生きて行くことを選んでいくと言う話で、結局はつらい事ばかりの人生で、この物語が終わったところで何一つ事態は好転せず、結局は生きることの困難は続いていくのだけど、それでも、もしかしたら生きることは、なんとかなるのかも知れないという希望、あるいは祈りがこの本にはある。しかしそれは、単独で、個として生きることの困難さを物語っており、たとえ自分がつらくても、そのつらさを救い上げるのは本人には難しいと言うことにもなっている。ならば他人ならば救えるのかと言えば、これがまた誰かを救うと言う事は、他の誰かが出来る事などはほとんどなく、結局のところ救う事などは出来ないということも物語っている。それでもなお、他の誰かを救う事が出来るのか?出来るとするならばどうすれば良いのか?と言う事が述べられているのだけど、結局は、これは”言葉”であるということなのだろうか。人は一人で生きることは困難で、しかし、人は誰かを助けることも困難で、そもそも自分すらも救うことは難しいのだけど、一人ではないと言う事をせめて伝えるために”言葉”によって”意志”を伝えようとする。意志をもって語ると言う事のみが、自分と、そして他人を結びつける事に繋がるのではないか。

読みながらそんなことを考えた。

|

« オブ・ザ・イヤー…まあ色々 | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/7543745

この記事へのトラックバック一覧です: 『つきのふね』読了:

« オブ・ザ・イヤー…まあ色々 | トップページ | あけましておめでとうございます »