« 『ガンパレード・マーチ 5121小隊の日常(2)』読了 | トップページ | 生きるという事を苦痛としか受け取れない精神構造 »

2006.01.03

『がるぐる!(上)』読了

026191600000
がるぐる!(上)』(成田良悟/電撃文庫)読了。テンションたけーなー。

と言うわけで『島』シリーズ三作目にして完結編。犬たちが、猫が、殺人鬼が集いて最後のお祭騒ぎの幕開けですな。今まで出てきた登場人物たちが総出演の大活躍…とまではこの巻では行かないんだけれども。今回はまずは舞台づくりで、登場人物と舞台が設定され、さあいよいよ!というところまで。まあ成田良悟の作品はみんなこんなもんだ。言うなれば、お祭とはお祭の前日までが一番面白く、そしてわくわくするようなもので、この作者の作品では、その部分の描写に長い長い時間を割くのは特徴的かもしれない。勿論その判断は正しいわけで、お祭が始まってしまったら後は終わるだけな分けだから、まずはその準備を楽しみましょー、というわけ。続きが気になって仕方がないけど、それを待つ楽しみも含めて成田良悟の作家性といえるのかも知れないなあ。

とは言え、祭の前日まででストップさせすぎ。確か『デュラララ!』も『ヴぁんぷ!』も”祭の前日”でストップしているんですが。ちゃんとお祭を書こうよー。

ん?今、ふと思ったが、ひょっとして成田良悟って、”お祭の前日”が書きたい作家なのか?いつまでたってもお祭にたどり着かない、あるいはお祭が終わったらすぐに新しいお祭の準備をする、みたいな。この人の作品は、次から次に伏線が張られて終りがないもんなあ、そういえば。

うーん…この人、きちんと物語を終わらせられることができるんだろーか…。その意味でも次の巻は興味深い。

|

« 『ガンパレード・マーチ 5121小隊の日常(2)』読了 | トップページ | 生きるという事を苦痛としか受け取れない精神構造 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/7543870

この記事へのトラックバック一覧です: 『がるぐる!(上)』読了:

» がるぐる!上/成田良悟 [ラノベ365日]
『がるぐる ! 上』 成田 良悟 電撃文庫 【本土から見捨てられた人工の『島』。そこで探偵業を営むリバプール姉弟に人探しの依頼がまよいこむ。それが最悪の殺人鬼・雨霧八雲に繋がるとは露知らず・・・。『島』に狂人と狂犬の宴が再び! 越佐大橋シリーズ完結編】 「..... [続きを読む]

受信: 2006.01.05 01:06

« 『ガンパレード・マーチ 5121小隊の日常(2)』読了 | トップページ | 生きるという事を苦痛としか受け取れない精神構造 »