« 馬力の不足は精神力で補う…つもりだった | トップページ | いたましいいきもの »

2006.01.30

これ、きちんと終わらせたらライトノベル史に残る奇書になると思うよ(個人的には)

4044287120
バイトでウィザード 沈めよ恋心、と雨は舞い降りた』(椎野美由貴/角川スニーカー文庫)読了。

相変わらず容赦が無い話なんだけど、これちゃんと話を終わらせられるのか?なんか『ダブルブリッド』と同じ轍を踏んでいるような気がするのだが。と言うのは、この作品は悲劇的でどこにも救いがないんだけど、だんだん悲劇がエスカレートを始めていて、前回よりもさらにインパクトのある悲劇、つまり、単に悲劇的であるというだけの悲劇でしかなくなりつつある。それでなくても話が進むにつれて、話が広がるのではなくどんどん狭まっていく(このあたりは感覚的で抽象的な表現になってしまっているが、要するに物語が行き詰まりを始めているというように感じている、ということ)というのに、この調子で終りを描けるのだろうか。うーん、ここまで来てめでたしめでたしなんてのは物語をぶっ壊しでもしない限り無理だし…。作者は一体どうするつもりなんだろう…。着地点は考えているのか?

おーい、だれかケン・イシカワをつれて来い(それは最終手段だ)。

|

« 馬力の不足は精神力で補う…つもりだった | トップページ | いたましいいきもの »

コメント

俺たちの戦いはこれからだ…。いくぞ!

旦那もケンイシカワ好きだな。

投稿: 背徳志願 | 2006.01.31 00:01

僕は子供の時にケン・イシカワ版『魔界転生』を読んでトラウマになったタイプですから…。もはやデフォルトなんですよ。

投稿: 吉兆 | 2006.01.31 22:23

ケン・イシカワは、日本のHPLなのでは内科と思うことしきり。
ちょっと纏めたら文章にしてみたいと思うのだが、宇宙的恐怖に対して宇宙的神話があるような気がしてならないのさ。虚無戦記テンプレートとかな。

投稿: 背徳志願 | 2006.01.31 23:44

師匠版ケンイシカワ論を楽しみにしております。宇宙的真理を読み解いてください。待っています。

投稿: 吉兆 | 2006.02.01 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/7910126

この記事へのトラックバック一覧です: これ、きちんと終わらせたらライトノベル史に残る奇書になると思うよ(個人的には):

« 馬力の不足は精神力で補う…つもりだった | トップページ | いたましいいきもの »