« 『ネコソギラジカル(下) 蒼色サヴァンと戯言遣い』読了 | トップページ | 『WW 記憶師たちの黄昏』読了 »

2005.12.08

人間って案外寝なくても生きていけるもんだな

今更の事ですか。

色々大変なイベントがあって、なんだか久しぶりの更新のような気がします。僕のネットジャンキーぶりも大分堂に入ったものよな・・・とか言ってみる。

1.『ゾンビ屋れい子(1) 百合川サキ編』 三家本礼 ぶんか社
2.『ゾンビ屋れい子(2) 姫園リルカ編』 三家本礼 ぶんか社
3.『仮面のメイドガイ(2)』 赤衣丸歩郎 角川書店
4.『神栖麗奈は此処にいる』 御影瑛路 電撃文庫
5.『座敷童にできるコト(3)』 七飯宏隆 電撃文庫
6.『がるぐる!(上)』 成田良悟 電撃文庫
7.『ガンパレード・マーチ5121 小隊の日常(2)』 榊涼介

1と2.どこかで傑作と太鼓判を押されていたのを思い出して買ってみた。それでも心のどこかでイロモノだと思っていたのだけど、これは本当に(シグルイが傑作であるというぐらいには)傑作ですよ!ホラー系の濃い絵柄だが、なぜかれい子は可愛い気がする…。しかし、なんと言っても元連続幼女殺害犯にして召還ゾンビたる百合川サキのグロ格好良さは異常です。やべー貴様はどこのターミネーターだコラァ!
3.ようやく見つけました。金髪ツインテロリイチゴパンツという何がなんだかよくわからんキャラが出てきたが、この作品にかかっては一流のギャグになってしまうのはさすがだ。
4.この作者は、まだまだ粗いところも多いけど、当たり前に面白い作品を書けるタイプだと思うので、結構期待しているのである。
5.ライトノベルとしてみると、「ふつー」としか言いようが無いのだが、登場人物たちが、当初はいかにもライトノベル的な過剰なキャラ立てがなされていたのが、巻を重ねるごとにどんどんまともで普通の人たちになっていくという、いわば逆転のキャラ立てが面白いと思う。
6.逆に、徹底してマンガ的なキャラ立てに従事しているのが成田良悟で、この人の描くキャラクターは偏っていて一面的なのだが、それはこの作者の書く物語は一枚の絵のようなもので、登場人物たちは画面に収まるピースであると考えると、そこには作者のクレバーな視点があるようで頼もしく感じる。
7.そういえばオーケストラも出るんだったな、とこの本を見ていて驚いた。買わねば。ちなみにこの作者のガンパレードマーチは大変に面白いと思う。

|

« 『ネコソギラジカル(下) 蒼色サヴァンと戯言遣い』読了 | トップページ | 『WW 記憶師たちの黄昏』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/7532025

この記事へのトラックバック一覧です: 人間って案外寝なくても生きていけるもんだな:

« 『ネコソギラジカル(下) 蒼色サヴァンと戯言遣い』読了 | トップページ | 『WW 記憶師たちの黄昏』読了 »